ウォーターサーバー契約のトラブル~1~

ウォーターサーバーの購入レンタルで美味しい水を手にすることが出来る一方で、大きなトラブルに見舞われるケースがあります。ですが、このトラブルは、事前にどのようなトラブルがあるかを知っておくだけでもかなり防ぐことが出来ます。トラブルが出来るポイントを知れば避けることは可能です。今回はそんなウォーターサーバーの契約のトラブルに関して紹介します。

ウォーターサーバーのモーター音

ウォーターサーバーは電化製品であり、水の最低限の品質を保つためには、必然的にモーターを使用して冷やす必要があります。そのためには、冷蔵庫と同じ冷却装置が不可欠になります。ですから、ウォーターサーバーの機械にはモーターが入っているのです。このモーターの音が苦手という人や、大きいといったことで苦痛に感じ解約をしてしまう人がいます。このようなトラブルを避けるには、最初に、試しの設置をするキャンペーンがある商品で申し込むのが一番解決する方法になります。何故、その方法が良いのか?これは、モーターの音が気になるのが日常というケースでは無く、夜間であることが多いのです。味や機能といった部分は、その場所でも判りますが、モーターの音に関しては、わからないことが多いのです。一ヶ月では無くても一週間でもいいので、置く予定の場所に設置してみることでトラブルを避けることができます。また、熱を発生する機器の側に置くことが冷却装置のモーターを活性化させるので、置く場所を避けるのが賢明です。

ウォーターサーバーの水漏れ

これは契約前にサーバーの直営店に行って、実際にその場所で契約するのが一番です。その理由は実際に商品のサーバーと設置するタンクが展示されているからです。ここで需要なのは、取り替える人が実際にタンクを持ってみることが大切になります。もし、実際に入っている水のタンクの取り換えがきつい場合は、この時点でタンクの大きさが小さいモデルや、場合によっては他のメーカーの商品を購入することができます。そのため、ウォーターサーバーを購入した後の苦痛な状態を解消することが出来るのです。また、原因になるトラブルに繋がる接続のミスや注意点を聞くことができます。実際にタンクを設置を業者がするケースも有りますので、ウォーターサーバーの業者選びのポイントにもなります。

ウォーターサーバーの解約料

ウォーターサーバーの契約のトラブルで重要なのは解約料です。数ヶ月、もしくは一ヶ月使用したとしても、ウォーターサーバーの水量に関係なく解約できること、ひいては、お試し期間なので、ボトルの水の料金はかからないのですが、かかるケースでトラブルが増えています。これは、販売の特別会場での契約をしているケースでよくあることです。普段借りていない場所でウォーターサーバーの契約をするので、セールスの人は必死になり、時に本来の契約の文言以上のことを言います。セールスの人は歩合制なので、一つの契約に対してでは無くて、契約した後の人のことを考えていないケースがあります。そのため、契約をする際には直営店か自分で問い合わせをして契約をするとこうしたトラブルが少ないのでおすすめです。また事前の口コミの調査は大切です。

まとめ

ウォーターサーバーの契約をしたことによって起こるトラブルは多岐に渡りますが、事前に防ぐことができます。そのトラブルに合いやすい要因をしっかり知っておくこと、加えて問題が起こりやすい状況で契約をしないことが大切になります。あらゆる部分を想定してトラブルを防ぐこと大切です。その結果、起こりやすいトラブルの予防にもなります。