一人暮らしの人がウォーターサーバーをレンタルするポイント

ウォーターサーバーを一人暮らしでも導入したいけどポイントが良くわからない、無理と思っている人いませんか?実は、ウォーターサーバーは、一人暮らしでも導入が出来て、明らかに同じ量のペットボトルの水を購入するよりも大変お得になります。今回は、そんな一人暮らしでもウォーターサーバーの水を導入する為に、知っておきたいポイントを紹介します。

レンタルサーバーのノルマがあるかどうか?

ウォーターサーバーで重要なことは購入のノルマがあるかどうかです。実は、小型の一人暮らし用の商品で一番リスクが高く、見落としがちなポイントはそこになります。サーバーは基本的に高価な商品の為、多くの人がレンタルで使用することが多いのですが、このノルマを見落としていると購入した予定金額よりも、高い条件で商品を購入しているといったことにもなりかねません。自分が水を飲むペースを考えて購入することが大切です。一人暮らしの場合は、ノルマを考えないで商品を選ぶと、水の量が余ってしまって結果もったいないことになってしまったと言った事例を数多く耳にします。こうした問題を避けるためにも、レンタルサーバーの料金では無くて、レンタルサーバープラス水の料金を考えることが大切になります。一人で飲むからこそ、月に頼む水の量を考慮する、そのような心がけが何よりも大切なのです。

ウォーターサーバーの大きさを考える

一回に配送してもらう水が多ければ多いほど、料金は安くなりますが、家で置くスペースが無いと悩んでいる方も多いのでは無いでしょうか?ウォーターサーバーは、店や病院で置かれているような、大きな物が普通と考えてないでしょうか?実は最近は小型の商品が多く導入されるようになりました。小型で最近では卓上に置くことが出来る商品もレンタルが出来るようになりました。その分、料金が高いのではと考える人もいますが、大体5000円を見て選ぶことが出来ます。また、少ない量のウォーターサーバーなので、水を頼む頻度が多くなって、あまり良くないのでは無いかと考える人もいます。ですが、ウォーターサーバーの場合は、多くの水を購入することによるリスクもあります。それは水の質が落ちることです。水の鮮度は開封してから、鮮度が劣化していくようになります。風味や味を気にするのであれば、小さい小型の商品をレンタルして水を買っても、大型で月一回の使用料金とさほど変わらないというのが現状です。美味しい水をまめに飲むことが出来るので、一人暮らしの場合はレンタルするウォーターサーバーの大きさはしっかり選ぶことが大切です。

ウォーターサーバーのサーバーの電気代も考慮する

一人暮らしの場合で考えておきたいのが電気代です。ウォーターサーバーはその品質を保つために、電気を付けておき、温度管理をすることでその水の品質を保つようにしています。そのため、電気代がかかるようになります。この電気代ですが、大型の商品であればある程電気代がかかるので、その部分も考慮することが大切です。また、ライフスタイルも大きな関係を持っています。ウォーターサーバーでお湯を使用する場合は、冷水しか出ない商品よりも電気代やサーバーのレンタル料金も高くなります。そのため、電気代が高い商品を選ぶ場合は、そのサーバーに付いている機能のしっかり踏まえた上で商品を選ぶことが大切な要因になります。

まとめ

一人暮らしでウォーターサーバーの商品を選ぶにはそれなりのポイントがあります。サーバーの水を購入するノルマや、サーバーの大きさや電気代といった部分を考慮して、商品を選ぶことをすれば自分にピッタリの商品を選ぶことが出来ます。