水道水でウォーターサーバーが出来る奇跡~日本の水の美味しさ~

69693aad3844b1f2d9e4f8d87a3f3074_s

水道水の取水でウォーターサーバーが出来るって、実は日本の水が非常に優れているからなんです。日本の水はこの部分に関しては世界でもトップクラスになります。この事実を知っている人は少ないのが現状になります。今回は、ウォーターサーバーの取水の水源にすることが出来る水道水の素晴らしさに関して紹介します。

日本の水道水は世界のトップクラスで美味しい水

日本の水道水は奇跡的に美味しい水です。それは何故なのか?実は世界では水道水が飲めるレベルである事自体が、凄いことなのです。安全に水道水が飲める国とは限られています。ヨーロッパのドイツ、スイス、フランス、フィンランドといった山々に囲まれた国、水不足が深刻で、最近水を作る技術が発達したことによって供給が安定しているサウジアラビア、日本と同じ島国のオーストラリアといった国の数を上げたほうが早いのが現状なのです。先進国でも、水道水をそのまま飲めるほど除菌がされており、安全が保証されている国というのは少ないものなのです。日本で、水道水を取水することによって出来るウォーターサーバーが,安全でないと言っている人もいますが、安全で美味しい水が供給できるからこそ、日本では水道水直結型のウォーターサーバーが販売されるようになったのです。

ウォーターサーバーにした日本の水道水の美味しさ

ウォーターサーバーに使用したいほど、日本の水が非常においしい秘密とはなんでしょうか?それは、日本の気候が非常に大きな関係を持っています。日本の気候は雨や雪が多いことに加えて、日本の国土が山であることが大きな意味があります。日本の山々があることで、木々がしっかりと水をゆっくりと地中に吸収させて、ろ過されることによって綺麗な水になります。また腐葉土があることで、雨水も綺麗になるため、水が浄化されて綺麗になっていくのです。こうした水源が綺麗であることと同時に、日本には最新鋭の科学技術が発達しているため、綺麗な水を供給できる浄水システムが作られています。その浄水システムが全国均一にあるため、美味しい水を何処でも安定して供給することが出来るのです。

世界でウォーターサーバーが下水道よりも普及が高い理由

世界では、下水道よりもウォーターサーバーの方が普及率が高いのが特徴です。その理由は下水道の整備よりもペットボトルやサーバーのボトルや機械を場所に応じて、普及をさせた方がコストが安いといった傾向があります。その為、ウォーターサーバーの普及が世界で増えてきているのです。最近では、中東のドバイや中国、インドといった新興国でも、ウォーターサーバーの普及が増えてきています。これは、各国の下水道が普及していないものの、水を買う余裕が出来た人たちが増えていることで、需要が増えてきているのです。ですが、これらの国は水道水は飲めたものではなくて、安全のためにウォーターサーバーで水を購入しているのが現状であり、一部分の人しか行き届いていないのです。多くの人に安全な水を日常の不自由無く届けることができるのがウォーターサーバーであり、価格は、日本よりも日常の水として使用するため安い傾向があります。つまり、日常で使えるからこそ、安くして、多く使ってもらうといった戦術を、下水道が普及していない国は行っているのです。

まとめ

ウォーターサーバーを使用することによっておいしい水を飲んでいますが、水道直結型のウォーターサーバーがある国はそうそうないのです。日本の水は、元々とても綺麗で資源が豊富にあり、加えて非常に高い濾過や殺菌技術を持っているので、世界トップクラスなのです。