ウォーターサーバーの賞味期限と使い切りの目安

4de1b557b78d1f15ae303236e79f7951_s

ウォーターサーバーの水には、ペットボトルの水と同じように賞味期限があります。賞味期限とは美味しく水を飲むことが出来る品質保持期限です。可能なら、美味しい水を飲んでいたいと思うなら、この期限を守ることが大切なのです。今回はそんな、ウォーターサーバーの水の賞味期限の疑問と使いきりの目安に関して紹介します。

ウォーターサーバーの水の賞味期限が長い理由

ウォーターサーバーの水の賞味期限は開封後は2週間、開封前の密閉した状態の場合は、半年と比較的長い期間の特徴があります。ここでウォーターサーバーの水は普通の水道水に比べて、塩素が入っていないのにどうしてここまで持つのか、疑問に思ったことはないでしょうか?これは、ウォーターサーバーの水の品質が大きな関係を持っています。ウォーターサーバーの水には、実は細菌の数が水道水に比べて少ない、もしくは、フィルターによって取り除いているからといった特徴があります。そのため、水の中で空気に触れない場合は、水の賞味期限が長くなります。空気の中には細菌がいるのですが、この細菌が水に触れないかぎりは細菌が水の中で繁殖するようなことがないといったことで品質を保っているのです。水の消毒をする成分が入っていないのに、賞味期限が長い理由は、このようなウォーターサーバーの水の性質が大きな関係を持っています。特に、フィルターによってウイルスや細菌をも取り除いている、RO水の場合はその特徴が特に顕著です。

ウォーターサーバーを水の消費期限でメーカーを選ぶ

美味しい水を購入しても、水がおいしく飲める期限に合わせて商品を購入しないことには何も意味がありません。現に、ウォーターサーバーの水の購入で問題があるケースに、メーカーに基準を合わせてしまって、購入した水の分量を把握しないで決めたばかりに失敗をするケースがあります。都内が本州の場合は多くのメーカがあるものの、九州や沖縄、北海道の場合はメーカーの種類が少ないため、無理をして契約をしてしまい、その結果失敗するケースが後を絶ちません。水を購入する場合は、そのサーバーのメーカーが取り扱っている賞味期限を選ぶのはもちろん、購入する家族の人数に合わせて水の分量を選ぶことが大切になります。ウォーターサーバーの水は多くて安いほうが有利と未だに考える人がいますが、それは事実無根であり、美味しく飲める水を、消費できるスパンで注文するというのが賢い契約の方法になります。

ウォーターサーバーの注文の目安

参考になる人数に対するボトルの容量をを知っておけば契約なり、選ぶ際にとても便利になります。1人2週間で4Lという水量が目安になります。これは飲水として飲んだ場合のみで料理に使用する場合はこれよりも水量が多くても大丈夫な量です。また、配達は2週間に一回が管理がし易い周期になります。一週間スパンですと煩わしいと考えてしまう人も多く、精神的に面倒と考えがちになります。ですが、2週間に一回だとその精神的な分が楽になり継続しやすいスパンです。加えて、備蓄水も持ってくるので、それぐらいのスパンでも自分でボトルを付け替えて消費している間に来るので、調度良い周期になります。適切な量以上のウォーターサーバーの水の所持は非常に苦痛になること、また管理や置き場所の事も考えると不便になります。そのため、ウォーターサーバーの注文に対しては量を含めて、2週間4Lを目安に考えるのが基本になります。

まとめ

ウォーターサーバーの水が水道水みたいに塩素が入っていないにも関わらず、長持ちする理由は、サーバーの水の保存方法が密閉で真空状態なのが大きな特徴です。また価格の安さでは無くて、賞味期限に水を飲み切ることが大切になります。