ウォーターサーバーと浄水器置くならどっち

ウォーターサーバーと浄水器、購入しようと思った時迷うってことありませんか?実はこの2つ似ているようで似ていないのが特徴です。ではそれぞれの長所と短所を知っておけば、必然的にどっちが必要なものなのか判断することが出来ます。そのため、要点を知っておくことが大切です。今回はそんなウォーターサーバーと浄水器の長所と短所を紹介します。

ウォーターサーバーと浄水器どっちが良い~水の価格~

ウォーターサーバーと浄水器で一番迷いがちなのが水の価格です。水の価格に関しては、浄水器の方に軍配が上がります。浄水器は、設置した後水源が水道水の為、使う分だけ水が作られるようになっています。そのため、水をどんどん使っても、その分作られて、しかも追加分の料金が純粋な水道料金だけです。対して、ウォーターサーバーの場合は、水の単価が、ペットボトルの水よりも高く、加えてなくなったらその度に注文する必要があります。故に、同じ量の水を使用して、飲んでいく場合は、必然的に、浄水器の方が安いといえます。料理と言ったものまで大量につかいたけど、財布に優しい物を考えるなら浄水器の方が有利です。少ないけど美味しい水を飲みたい場合は、ウォーターサーバーのおすすめと言えるのが現状になります。

ウォーターサーバーと浄水器どっちが良い~維持費~

ウォーターサーバーと浄水器、設置したら気になるのが維持費になります。単純に、浄水器は壊れるまでの寿命前まで浄水器になります。ですが、浄水器の場合は使用し続けることで古い商品になるので、水質の低下があります。その前にカートリッジ等を購入する、初期の設置工事を業者にやってもらうと、トントンの価格になります。ウォーターサーバーの場合は、レンタルサーバーの場合は一定期間使用すると機械の交換を無料でしてくれます。そのため機械の維持費が少しだけ高いものの、レンタル中のサーバーのメンテナンスは無料、一定期間サーバーを使用した場合の交換はタダなので、基本、新品と同じ質で使い続けることが出来ます。加えて、その装置が適切に動いているかどうか、水質の低下に関してもしっかり見てくれるので、維持費に関してはトントンと言えるでしょう。そのため、それぞれ購入やレンタルをする場合は、どのような頻度でメンテナンスが必要か確認をして使用することが大切なのです。

ウォーターサーバーと浄水器どっちが良い~備蓄水~

ウォーターサーバーと浄水器備蓄水として優れているのは、圧倒的にウォーターサーバーになります。実は、ウォーターサーバーが普及しだしたのは東日本大震災が大きな影響を持っています。水道が使用できない時に、水不足が大きな問題になりますが、ウォーターサーバーの場合はタンクで最低1人生き残るために必要な一日3L、3日分以上の水が配達されます。加えて、タンクなので、専用の蛇口をつけることで水を出すことが出来る業者の商品を使用している場合は、その水を飲んでいる間に、救助が来るようになっています。水道の復旧には最低10日ぐらいかかります。その間に給水車が来る様になりますが、その給水車が来るまでも時間がかかります。浄水器の場合は機械の中に水の備蓄機能がありません。加えて水道水を水源にしているので、水道が止まった場合は機能しなくなります。故に、備蓄水として大きな役割を持っているのはウォーターサーバーになります。

まとめ

ウォーターサーバーと浄水器は、似ているようで似ていない部分があります。そのためどちらが有利な不利なのか、しっかりポイントを押さえて比較することが何よりも大切になります。価格以外にも比較すべきポイントが多いので吟味することが大切です。