ウォーターサーバーのトラブル~2~

7049d21f365f6c1656d5509bc1f7c0d6_s

ウォーターサーバーの購入やレンタルをするには様々なトラブルがあります。ですが、トラブルを避けるには色々なポイントがあります。ありゆるトラブルを知っておけば万が一起った時に冷静に対処することが出来ます。加えて、機能を回復させ対処することができます。今回はウォーターサーバーの契約や機器の故障に関するトラブルを紹介します。

ウォーターサーバーの温冷両用機能が壊れる

ウォーターサーバーの便利な機能として有名なのが好きなタイミングでお湯と水の温度を調整できる機能になります。この機能ですが、時として壊れることがあります。一番壊れやすいのは、お湯の機能です。お湯をひねっていても、常温というトラブルになります。冷水の場合は、冷たい水では無くて、常温水になっている状態です。このトラブルの原因はウォーターサーバーの冷水機能が壊れていることによって発生します。つまり、温度を適切に操作が出来る機能が壊れてしまっています。この場合は、電源が抜けていないかを確認して速やかに、カスタマーサービスに連絡をします。レンタルサーバーの場合は、状態の確認後、代替え機の設置によって解決できるようになります。そのため、勝手に機器をいじったりして壊れないようにするのが大切なのです。故に、ウォーターサーバーの温水機能の問題はこのような対処が必要です。

ウォーターサーバーの水漏れのトラブルにあったら

水漏れは比較的起こりやすいトラブルになります。もし水が漏れてしまうと、パニックになりがちですが、冷静に対処することが大切です。最初に、水が漏れた場合は、水の除去が大切になります。水の除去をした後、下の貝のフォロワーの人に問題が無かったか、訪ねに行くこと、もし出来ないのなら相手が話に来た時の為に、家財保険等の規約の確認が必要になります。また、タンクを抜いて機械の内部を乾燥させることも大切になります。そしてカスタマーセンターに連絡をするようにしてください。また、タンクの損傷によって水漏れが発生した場合はその証拠になるタンクの破棄はいけません。とっておいて、業者の人が来てから見せるようにしてください。レンタルサーバーの場合でも、水漏れの場合は、自分で発生させた場合は、一部分の負担、タンクや機器のパッキンの部分の損傷による場合は、タダでの交換といった風に対応が異なります。そのため、証拠となるような物を残しておくことが大切なのです。

ウォーターサーバーの試飲会は避けよう

ウォーターサーバーの試飲会は実は、弱小企業が多く行っているケースがあります。この弱小企業は契約をとることばかり、専念しており契約をした人のカスタマーサービスといった物を無下にする傾向があります。そのためトラブルの発生の原因になります。では、何故大手の企業はそのようなことをしないのか?品質が良いため多くの人が実際に店に来るようになります。つまり自分たちで販売をしない場合でも、お客が店に来るようになっているので、このような大規模な試飲会を開かなくても来るようになります。つまり、ウォーターサーバー取り扱っているメーカーの規模でも、トラブルを避けることが出来るようになります。そのため、試飲会はあくまで知るだけの手段で、契約は後日といった対応を取るということだけでもトラブルを避けることが出来ます。

まとめ

ウォーターサーバーを持つことによって、使用中や契約によって、トラブルが発生することがあります。機械なので、トラブルが生じることはありますが、適切に対処をすればそのようなトラブルを避けることが出来るのです。つまり、ウォーターサーバーのメーカーをしっかり選ぶということは、問題を最小限にすることが出来ます。