ウォーターサーバー水の味が変わったら

ウォーターサーバーの水は品質が保証されていますが、飲んでいて味がまずくなった、違うようになったといったアクシデントに見舞われることがあります。この場合は何が問題になっているのか?判らず困り果ててしまう、体調不調の原因になることもあります。このようなトラブルに見舞われてしまった場合はどうしたら良いのか?今回はそのポイントを紹介します。

ウォーターサーバーの水の味が変わったら~機器の損傷を疑う~

ウォーターサーバーは基本的に同じ品質の水を発送させて、美味しく水を戴くシステムです。発送時には品質に関して、チェックされているので、基本的には、水の品質は同じはずです。水の品質が同じなのに、味が違うということは、何を意味しているのか?それは、機器の内部の機器の損傷が疑われます。よくあるのがプラスチック臭がするようになった、なんかエグみを感じるようになったという特徴があります。この場合は、ウォーターサーバーの中にあるパッキンが損傷して何らかの成分が溶け出している可能性があります。また損傷によっては、雑菌が侵入して、その中で、繁殖をすることによって味が変わる可能性があります。故に、ウォーターサーバーの水の味が変わって考えるべきことは、ウォーターサーバーの機器の損傷がないかどうか確認をすることが大切なのです。

ウォーターサーバーの水の味が変わる原因~飲むコップ~

よくあるのが、常に同じコップで水を飲んでいる場合です。その場合もウォーターサーバーの水の味が変化する要因になります。基本的に、ウォーターサーバーに注ぐコップに洗剤がくっつくことによって、水が腐っているといった要因によって、水の味が変わるといった原因があげられます。そのため知っておいて欲しいのは、ウォーターサーバーの水の味が変わる原因を飲むコップによって発生するなら、コップを変えたことによって解消することが出来ます。ウォーターサーバーの水を疑うよりも、まずは手持ちのコップに洗剤が残っていなかったかどうか、洗い直すなり、他のコップに変えて、水を飲んで、味に変化がないか確認をしてみることも大切なチェックポイントになります。これは簡単に出来ることなので、業者に連絡をする前に確認したい点です。

ウォーターサーバーの水の賞味期限を超えている

ウォーターサーバーの水自体の賞味期限が超えているケースによって味が変わってしまうといったことがあります。この場合は、水の品質の低下によって細菌感染症の危険があるので、水は破棄、具合が悪くなった場合は病院に行くことが大切になります。ウォーターサーバーの水は塩素が入っていないため、水道水と同じ要領で水を保管管理をしていると、水の腐敗が始まります。場合によっては食中毒の要因にもなります。味に変化がないことがありますが、酸っぱいといった味がある場合は要注意です。食中毒の危険性があるので、お腹をいたわったり、家にある残っている開封済みの水は破棄することが大切です。特に、日光の側においてあるサーバー内の温度が上昇することによって菌の繁殖が起こりやすくなるため、ウォーターサーバーの水の質は変化することによって問題が発生するようになります。故に、ウォーターサーバーの水の味の変化は、そのような問題を発生を防ぐ大きな手がかりになるのです。

まとめ

ウォーターサーバーの水の味が変わったら、まずは機器の故障の可能性、コップに洗剤が残っているため味が変わった可能性、ウォーターサーバー内の水自体が腐っていることによって、味が変化しているケースが考えられます。3つの原因を冷静に確認して、安全に水を楽しむ参考になれば幸いです。