ウォーターサーバーの災害備蓄水の活用

ウォーターサーバーが最近災害の備蓄水として大変注目されています。災害時水道、ガス、電気のライフラインが壊滅している状態で、一番重要なのは飲水になります。この備蓄にかつてはペットボトルの水が中心でしたが、最近ではウォーターサーバーの水が注目されています。今回は、そんなウォーターサーバーの災害備蓄水としての活用と選ぶポイントを紹介します。

ウォーターサーバーを災害備蓄水にする長所

人間が一日に必要な備蓄の水の分量としてあげられているのは、一日3L3日分になります。つまり、水道で出る水以外に、9Lは必要なのです。この9Lという分量ですが、ペットボトルで備蓄する人が主流でした。しかし、最近はウォーターサーバーが注目されています。その長所は定期的に水を運んでくれるために、水の品質が劣化しないといった点になります。ペットボトルの最大の欠点は、水を購入した後放置をしてしまい、水の品質が賞味期限よりも悪くなっている状態になります。こうしたストックする水の管理をする必要すら無いのがウォーターサーバーの水になります。無くなる前に必ず、水のストックを定期配送をしてくれるので、その心配がありません。また、ウォーターサーバーの一回に配送する水の量を考えるのと1人平均3L、3日分は確保できるようになっています。そのため、家庭用に普及して以来備蓄用に非常に重宝されているのです。

ウォーターサーバーを災害用備蓄水としてメーカーを選ぶポイント

最初に電気がない状態でも、ウォーターサーバーの水が取り出せる商品なのか?がポイントになります。ウォーターサーバーの場合は、電気によってそのサーバーの機能を維持していることが多いため、その作動がしっかり出来る商品を購入することが何よりも大切になります。電気を使用して水を給水するタイプの商品は、災害時には向きません。電気を使う場合でもお湯を作る機能や水の温度を保つ効果を電気でまかなっているだけの機種がありますので、実際に選ぶ際にはこのような商品を選ぶのが大切なポイントになります。電気を使う消費電力の解説の箇所には、電気で機器の機能をどのように維持しているかといった部分の解説があるので必ずチェックするのがポイントです。また、地震があった時の漏電対策といった物を取っている機種も最近販売されるようになってきました。これは東日本大震災が発生した影響で、火事の二次災害を防ぐために各メーカーが力を入れてきている部分になります。こうしたウォーターサーバーの電気の消費電飾以外の部分にも目を向けることが大切なのです。

ウォーターサーバーの貯水タンクにも目を向ける

ウォーターサーバーの場合重要なのは貯水タンクの状態でもコックをつけると、そのまま飲めるタイプのパッケージにしている商品も販売されています。このような商品の特徴は、緊急時にそのまま手軽に水が飲めるといった意味でも、便利ですし、未開封でしたら一定の期間の保存に対しても安全性があるので、是非選んでおきたいポイントになります。また、注意点としては、貯蔵用に水を置くわけなので、タンクの保存がし易い商品を選ぶにも大きなポイントです。普段の生活においては邪魔でなくて、緊急時に使えるパッケージをしている商品を選ぶのも大きなポイントになります。

まとめ

ウォーターサーバーでの災害用の水の貯水は家庭用のサーバーが配置されたことによって最近多くの需要が見られるようになりました。商品を選ぶポイントとして、電気を使用しないと水を出すことが出来ない商品は不向きで、電気が無くても水が飲めるサーバーであること、貯水タンク自体も開けて水が飲める形になっている商品を選ぶのがポイントになります。