ウォーターサーバーで海外の水を購入するときの注意点

c199f1b6d21821a8a13274720d1011d5_s

ウォーターサーバーの水は手軽に美味しい水を飲むことが出来るので、家庭でも人気のアイテムになってきました。ですが、販売されている水の種類は、国内から海外のものまで多くあります。ペットボトルで海外の水を購入していた人は、海外の水を買うケースもあります。しかし、ウォーターサーバーは水の購入の量が多いため注意が必要な事もあります。今回はそんなウォーターサーバーで海外の水を購入するときの注意点を紹介します。

海外と国内ではミネラルウォーターの基準が異なる

海外と国内では実はミネラルウォーターの定義が大きく異なります。ですが、ウォーターサーバーと書かれており、なおかつミネラルウォーターと書かれていると、同じものとして捉えてしまう人が多いのが現状です。日本国内のミネラルウォーターは安全性を第一に考え、加熱消毒が義務となっております。これは、水の中に入っている菌を煮沸消毒するといった効果によって、菌の活性を落とすといった目的があります。一般の人でも水道水を飲むときに消毒のために加熱するのと同じ理屈になります。ところが海外、特にヨーロッパの場合は煮沸消毒はかえってNGとなっています。これは、加熱することで本来の風味を悪くするといった意味を持っているためです。そのため、元の水の菌の量が少ないといった水源から水を採水していることになります。つまり同じミネラルウォーターでも違いがあるので購入時には注意が必要です。

海外のミネラルウォーターの注意点

海外のミネラルウォーターの注意点は、水の質が日本に比べて硬度が高めといった特徴があります。日本に比べて高い山々が多い地域を採水地にしている場合は、その水の硬度がたかくなります。ミネラルの成分が多い硬水は、日本人の食生活や生活習慣に合わないといったケースもあります。例えば、出汁やコーヒーや紅茶といった抽出をすることで風味を得る飲み物を作る場合は軟水のほうがおすすめになります。また、硬水は基本的にミネラルの析出のリスクがあります。そのため、必然的に早いスパンで飲んだ方が良いのも特徴です。また、海外の商品でも軟水を取り扱っている商品もありますので、海外の美味しい水といった基準で商品を選ぶのでは無くて、含まれているミネラルの分量をしっかり確認して商品を選ぶようにしてください。海外のブランドで商品を選ぶと、生活習慣に合わなかったといった声も多く聞くので注意が必要です。

海外のウォーターサーバーの大きさや設備に注意

日本で商品展開をしているので、日本の電気が使えないといった問題はありませんが、海外の商品で見落としがちなのは、そのサーバーの大きさです。一般に海外の家は、大きさが大きめの住宅事情に合わせて、そのサーバー自体も大きく、タンクも大きめの商品が多いのが特徴になります。ですから、一回の水の購入単価が日本の商品よりも安いと言ったメリットの恩恵を受けられるのです。実際にサーバーを置いたところサイズが合わなかったといった問題があるケースが多いのです。また、カスタマーセンターはつながるものの、説明書自体が海外の言語であることもあります。そのため、基本的な使い方や注意点は設置の時点で聞くことと、問題があった場合の補修に関しては設置の時点で聞くことが大切になります。

まとめ

ウォーターサーバーで海外の採水地の商品を購入する場合は、日本と海外のミネラルウォーターの定義が違うことを頭に入れておく必要があります。また、水の硬度の違いによって生活習慣に合わないリスクや、サーバーの大きさや手入れに関して契約時に把握しておくことが大切です。