ウォーターサーバーで水を購入するときの意外な落とし穴

ウォーターサーバーは多くの分量の水を購入することが出来、美味しく手軽に飲みたい時に必要な水が手に入るので、家庭で導入する人も増えてきています。ですが、ウォーターサーバーを購入をするときに、その水を飲んでも問題が無いかどうか、家庭にいる人の健康状態を考えずに契約して失敗をするケースがあります。今回は、そんな意外な落とし穴を紹介します。

意外な落とし穴~子供の年齢~

実は健康に良いとされているウォーターサーバーの水ですが、飲むことによって健康被害を受けやすいのが子供です。特に子供はその年によって、年齡によって選ぶ種類の水が大きく異なります。子供がミネラルが豊富な硬水を飲むと下痢や体調不良をお起こします。その理由は、子供の腸が未発達であるといったことが大きな原因になります。故に注意点として知っておきたいのが、子供の年齢に応じて、商品を選ぶといった事です。子供が0~1歳は基本、ミネラルが多い水分は体に受け付けません。ミルクを作って下痢をしたといった症状がある場合は、これが大きな原因になります。ですから、ミネラルが少ないRO水やせめて軟水を煮沸してミネラル分を落とした水を飲むことが大切になります。、また、2~3歳も成長の為ミネラル分が必要な時期にもなりますが、硬水には手を出さないことが大切です。大人の基準でミネラルウォーターを選んで良いのは5歳以降と考えて、大量購入をするウォーターサーバーの水を選ぶことが必要になります。

高齢者がいる場合のウォーターサーバーの注意点

高齢者がいる場合も、体の腸の機能が劣ってきているため、硬水を受け付けないケースがあります。そのため、軟水と言っても高めの数値に控えることも大切です。また飲んでいる薬剤と相性が悪いケースもあります。どうしても、硬水を楽しみたい、以前と同じままの水を飲みたい場合は、薬を飲む時だけで良いので、煮沸した水を飲むようにするのが薬剤の効果を失うことなく、普段から水が楽しめるようになります。次に、設置するタンクの場所です。高齢者の人がいる場合は、タンクが高い位置の商品の場合は、万が一自分が移動する際や設置する際危険です。そのため、担当者が設置する場合でも、低めにタンクが設置することが出来る商品を契約するのがおすすめになります。健康維持に高齢者のみの家庭でも導入を考える人もいるので、その分はしっかり配慮することが大切になります。

高齢者や子供のいる家庭でおすすめしたいのはRO水

高齢者や子供のいる家庭でウォーターサーバーで注文したい種類の水はRO水がおすすめになります。RO水とは、ROフィルターに水を通して、菌とミネラルを取り除いた水になります。この水の欠点は風味が劣るといった点がありますが、雑菌が入っておらず、ミネラル分が入ってないので、ミネラルがあることで体調不調を起こすといった問題が起こりにくいといった点があります。ミネラル分がやっぱり入っていたほうが良いと感じる人は、ROフィルターに通した後に、ミネラルを添加した商品もあるので、そのような商品を選ぶことをおすすめします。この添加したミネラル量をしっかり把握することも選ぶ上では大きなポイントになります。家族の健康維持を考えるためにもぴったりなメーカーを選ぶ参考になれば幸いです。

まとめ

ウォーターサーバーの水を選ぶにあたって重要なのが、その水を飲む家族の年齢が大きな関係を持っています。年齢によっては健康に良いとされている水でも、体調不良の原因や薬の効果に悪影響をおよぼす危険性があります。そのため商品を選ぶときには大切なポイントになります。