ウォーターサーバーのタンクや水の保管の注意

d1a1c7969a7cfda3532a9c61d7a00136_s

多くの人が、ウォーターサーバーのタンクの水や保管に注意しないで、契約や購入をしたばかりに後悔するケースがあります。ウォーターサーバーはサーバーの機器に関しても選ぶ基準として重要ですが、契約するタンクの水量に関しても把握しておくことが何よりも大切です。家庭用の場合はスペースが無いので、その部分はかなり重要な要素になります。今回は、ウォーターサーバーのタンクの保管に関して紹介します。

ウォーターサーバーのタンクのスペースで最低限必要な幅は?

ウォーターサーバーのレンタルの場合は、サーバー契約の代わりに一定の水を購入することで商売が成り立っています。そのため、一定の期間水を保管するスペースが必要になります。故にこのスペースに関して考慮する必要があるのです。一般的にウォーターサーバーのタンクの大きさは40cm~70cmの間の幅で収まることが多く、まずはこのスペースがあるかどうかが必要になります。次に重要なのは、契約するウォーターサーバーのタンクが、縦積み出来る商品なのか、そうでないのかです。縦積み出来る場合は、その四方のスペースで十分2~3個設置できるのですが、そうでない場合は、更に追加でスペースが必要になります。機種によっては、タンク同士を積んで置くことで省スペースを図る商品が販売されています。一人暮らしや、家が狭いといった悩みを持ちつつも。ウォーターサーバーを設置したい場合は、タンクの収納場所が少ないこのような機種を選ぶのが合理的です。

ウォーターサーバーのタンクには種類がある

ウォーターサーバーのタンクには実は種類があります。ウォーターサーバーのタンクは、回収するタイプとそのままディスポーザブルタイプの商品があります。回収するタイプとディスポーザブルタイプにはそれぞれメリットとデメリットがあります。回収するタイプの特徴は、基本的に水の料金だけで商品を購入することが出来ます。一回ごとに容器を作る必要がないため価格を安くすることに成功したケースになります。ですが、デメリットは回収するまで、タンクの置き場所が必要になることです。あまりタンクを長時間おいていたくないという場合は、回収のスパンを確認する必要があります。次に、ディスポーザブルタイプです。最近は容器に使用する高分子樹脂の発達によって使用後、とても小さく折り曲げることが出来るタンクを使用するメーカーも出てきました。この長所は、一回ごとに捨てるので、スペースがいらないこと、加えて一回の使用でタンクを廃棄するので、清潔度合いが高いといった特徴があります。欠点は、少々値段が高くなるといった欠点があります。タンクを一回ごと製造しているのでコストがどうしても高くなってしまうのです。タンクの種類はウォーターサーバーを快適に設置するために、必要な要素ですので見逃さないことも大切です。

貯水スペースの感覚を試供品の時点でつかむ

また、あまり実感がわかないという人はいきなり契約をするのでは無くて、ウォーターサーバーを試供期間でスペースや使用状況を確認するといった事も大切になります。タンクの置き場所は一ヶ月使用してみるとどれくらいのスペースが必要で、飲用にどれだけ水を使用するのか判断がつきます。もし、想定よりも飲まない場合は少ないタンクの商品に切り替えることは同じメーカーではし易いので、試供の時点で調べるというのもおすすめの手段です。

まとめ

ウォーターサーバーのタンクの保存場所は、契約してみてから後悔することが多い要素です。使用するサーバーの水のタンクの形式や契約する前にスペースが有るかどうか、実感がわかない場合は試供期間で判断するといったことが賢明な手段になります。