ウォーターサーバーで最近普及の直結式サーバーとは?

ウォーターサーバーの中で最近普及してきているのが、水道直結式のウォーターサーバーになります。ウォーターサーバーと言ったらタンク式で、水を購入する商品と思われがちですが、最近このような商品も販売されるようになりました。この水道直結式のウォーターサーバーは実は意外な長所があります。今回はウォーターサーバーで最近普及の直結式ウォーターサーバーに関して紹介します。

水道直結式のウォーターサーバーと浄水器の違い

水道水直結式のウォーターサーバーの原理は、水道水にサーバーの機器と接続し、その水を原水として、美味しい飲水を作るのが特徴になります。一般的な浄水器と何が違うのか?と思いの方、これは浄水器はあくまでフィルターによって水を綺麗にする原理しか無い機器を言います。水道水直結のウォーターサーバーの場合は、綺麗にした水を貯水するタンクがあり、その水を温水や冷水といった好みの水の温度で出せる機能があります。つまり、水を綺麗にする機能のみが浄水器で、水を綺麗にし、貯水し、適度な温度で飲むことが出来る商品をウォーターサーバーといいます。この水道直結式のウォーターサーバーは、浄水器に比べて、水を使用する人に適度な温度で水を使用することを強いられている人にとってありがたい存在なのです。ですので、浄水器と比較する場合は、この部分に注意することが大切です。

水道直結式ウォーターサーバーのメリット

水道直結式ウォーターサーバーの長所は、なんて言ったって水の枯渇する災害がない限りはいくらでも使用しても料金が基本のサーバーのレンタル料金か購入金と水道代で済むことです。基本いろんなレンタルサーバーの場合は、使用すればするほど、水を購入する必要がありますが、水道直結式は水道水の金額しかかからないので、かなり水の料金は抑えられることになります。またこの方法のいいところは、使用量にムラがあっても調節が容易であることです。ウォーターサーバーの契約での悩みに季節によって飲む水の分量が非常に変化するといったケースがあります。この場合は月々の契約料を調整する必要があります。しかし、水道直結式の場合は、取水が水道なので、使う分だけになるので、契約の更新や多くなったから注文忘れたといったうっかりミスがありません。また、使用量に関係なく水を普段から使いたい人にもおすすめで、料理に使いたい人には多くの美味しい水を適温で使用することが出来ます。また、日本の水道から取水をしているので、軟水の為、幼児や高齢者が飲んで体調を崩すといった体調不良も起こす心配もありません。レンタル契約をすれば、メンテナンスや補修もしっかり行ってくれます。水道直結式はまさに浄水器とウォーターサーバーのイイトコどりをした、機種になります。

水道直結式の商品を選ぶ時の注意点

水道直結式の商品を選ぶ際のネックが初期の工事費用になります。浄水器から、水をつなげる工事をするので、その料金が初回かかること、水道の形によっては工事が出来ないケースがあるので相談する必要があります。また、水道直結式の場合は、ホースがどうしても必要なので、そのスペースが必要な場合があるので工事したらどうなるのか?前もって確認が必要です。メンテナンスの頻度や、サポート体勢といった部分に関する対応も大切な業者を選ぶポイントになります。またタンク式に比べて、災害用の備蓄水としては水の量が不足がちになるので、その目的で商品の契約を考えている人には向かない商品になります。

まとめ

タンク式ウォーターサーバーと浄水器のイイトコどりをした商品として、水道直結式ウォーターサーバーがあります。多くの水を使用する料理に使いたい人や、使用する水の量が月によって変化しやすい人に向いている機種になります。