ウォーターサーバーの電気代の節約法

手軽においしい水を飲むことが出来るウォーターサーバーですが、水の品質や温度管理のために使用する電気代が高いと言ったケースがあります。せっかくお気に入りの機種でおいしい水を買ったとしても、その状態を保つサーバーの維持のための電気代が高いため、機種を変更したという話を良く聞くことがあります。サーバの電気代は馬鹿にできない大きな要因になります。今回は購入、レンタル前に注意したいサーバーの電気を安くするポイントを紹介します。

生活に合わせて必要な機能の商品しか契約しない

ウォーターサーバーには、おいしい水を飲むために常に最新の機能がついています。ですが、その機能本当に必要か冷静に考えてみることは非常に大切な事です。もし、あなたが、水のおいしさのみ追求してサーバーを借りようとしている場合は要注意です。何気なく見た機能を見て、これって便利だからと言った調子で、便利な機能をついている商品を契約や購入をしたら電気代が高いというケースがあります。例えば、冷水と温水、作る機能で電気を食うのは温水を作る機能です。温水を作る機能は作った温水の温度を維持するのが難しく、熱を加え続けるので電気代がかなりかかるようになります。もし、これが温水はあまり必要が無い場合で、このような商品を使っていた場合は電気代で損をすることは容易に想像できます。また、同じ温熱の機能でも細かく温度設定が出来る場合は、その分機能が増えるので価格が高くなります。機能を増やさないことが価格上昇を避けることが出来るポイントになります。契約やレンタルをする前に何が必要な機能か判断がつかない場合は、お試し期間で使用するのがベストです。

機能を外さないなら大きさとエコモード搭載を選ぶべし

もし、機能を重視して安くしたいのであれば、サーバーの大きさを考えるべきです。サーバーが大型であればあるほど、電気代が高くなる傾向にあります。その為、もし、電気代をまずは安くしたいと考えるなら、飲んでいる水の量が多すぎない程度の大きさのサーバーと契約するのが基本です。ですが、それでも厳しい場合の対処法に。エコモードがあります。東日本大震災で発生して以来、電力の使用量が非常に問題視されるようになりました。省電力でも機能を維持することが出来る機能を搭載したサーバーが出来るようになったのです。この機能を使えば、自分がいないときにサーバーの水の温度や状態を維持するのに最低限の電力で済むようになります。その為、必然的に電気代が安くなります。このエコモードですがついている商品とそうでない商品があるため、商品購入をするときに見落としがちなポイントになります。

サーバーの平均の電気消費量と貯水量を知っておく

ウォーターサーバーの電気の維持の価格は基本的に1000円未満が多く、それ以上の商品は少なくなっています。また最近では500円台やそれ以下の電気代の商品も多く販売されるようになりました。つまり、最新機種と言って紹介をする際に、電気代のグラフがあるものの実際に使用する家庭によってはその変動があることになります。100円上乗せでも安心して使える商品を選ぶのがお勧めです。また、温水を作る頻度が高かったりすると予想よりも高い価格の請求が来るケースがあります。その誤差が少ないのは、保温タンクに入る水量が少ないものほど電気代が安くなる傾向になりますので参考になれば幸いです。

まとめ

ウォーターサーバーで電気代を節約したい場合は、使用する必要限度以上の機能がついている商品を選ばないこと、エコモードが搭載されている商品やサーバーが大きすぎる商品を避けるといった方法があります。また、契約の前に最低限の電気量を頭に入れておくことも大切です、