ウォーターサーバーの海外事情~アメリカ~

7fe6f9ca8cfce7d53f1b41e75d9c91f7_s

ウォーターサーバーは日本で現在普及しておりますが、もともとは海外のシステムが日本に輸入したものになります。その発祥はアメリカです。日本とは違う海外のウォーターサーバーとその事情に関して紹介します。

そもそもウォーターサーバーの発祥はアメリカ

実は安全な水を家庭や店によって利用できるというシステムを作ったのがアメリカです。アメリカという土地は日本と気候が大きく異なり、特にアメリカの西部は砂漠といった乾燥している気候がメインの地域でした。そのため、美味しい水というものはアルコールよりも高かった時代があったのです。また、砂漠の中で水を得るということは、その分非常に大きな労力も必要とされています。ですから、水を組んで販売すると言った商売が成りたったわけなのです。更に西部はゴールドラッシュの影響から、多くの人が殺到するようになりました。故に、組んだ水をその人達が住んでいる地域までに、運ぶ必要があります。ここでウォーターサーバーの商売が成立するようになったのです。乾燥地域でも美味しい水を飲むといった当たり前のことが出来ない地域でシステムが確立しました。現在は、当たり前の様に水が飲めるようになったものの、やはり美味しい水を飲みたいといった要望が高いことが関係して、アメリカではウォーターサーバーの世界一の普及率を誇ります。

日本とアメリカここが違う、ウォーターサーバー事情

日本とアメリカではウォーターサーバーの事情が大きく異なります。アメリカでは基本レンタルサーバーの契約はありません。基本サーバーは購入して使うのが一般的になります。その分サーバーの水の料金が安いのが基本です。日本が2000円台が主流とすると、アメリカでは一般的に1000円台が基本になります。同じサイズの水で価格が安いので、飲水だけでなくて、料理に使う人も多いのが特徴です。また、人気の水の傾向ですが、日本はRO水と天然水が人気の二分化をしております。RO水は殺菌能力が高いといったのも人気の秘密です。しかし、アメリカの場合は、天然水が人気なのが特徴になります。天然で美味しいものがやっぱり一番という考えが強いのです。また、硬水、軟水という水の区分では軟水が人気です。ミルクを作ったり薬剤を飲むのに軟水は最適であることと、使う用途を選ばないといった理由で、非常に重宝されているためです。

日本にも取り入れて欲しいアメリカのウォーターサーバーのシステム

アメリカは日本に比べてウォーターサーバーの普及率が段違いに違います。そのため、システムも非常に洗練されております。日本でも取り入れて欲しいシステムが、最初にウォーターサーバーの水を購入した後のボトルの回収ですが、基本的にスーパーで行っていることです。スーパーで行っているので、買い物ついでに、置きに行こうといった手軽なことが出来ます。回収に協力をすると、その分のボトル代がデポジットされるシステムといった物が確立されているのです。また、ウォーターサーバーの水自体がスーパーで購入できるケースもあります。また、機器を購入するので、機能が最低限の物を含めて種類が豊富です。人によっては必要のない機能を仕方なく使っている人も日本では多いのですが、アメリカの場合は購入を念頭においているのでこの部分は非常にシビアになっています。

まとめ

ウォーターサーバーは安全で美味しい水を手に入れることが困難なアメリカ西部で発祥しました。そのためアメリカでは非常に高い普及率でサーバーが普及しています。サーバーの購入が基本だったり、天然水で軟水が人気という特徴があります。ボトルの回収率が高いのも大きな特徴です。