ウォーターサーバーの価格を決める要因

ウォーターサーバーってどうして業者によって価格が大きく変化するのでしょうか?何が価格の差になっているか選ぶ前に理解しておく必要があります。理解をしておくということは、正しく自分にあった商品を選ぶということに繋がります。自分にピッタリの商品を選ぶために必要な、価格を決める要因を紹介します。

採取する水の場所・品質

ウォーターサーバーの価格を決める要因は、採取する水の場所が大きな関係を持っています。つまり、採取する水が国内の水ですが、多くの場合は阿蘇地域とか富士山周辺で採集がされており、もしその地域に住んでいる場合は水道水でも美味しいレベルでもあるので、地域周辺に住んでいて、他の地域の水を飲みたい、もしくは、この地域の水でないとダメという場合は地域を確認することが大切になります。ウォーターサーバーの設置に関わる輸送量の差ぐらいしかこの場合は差が付きません。しかし、RO水と天然水では、価格が大きく変わります。RO水とは、通常の濾過膜の他に、RO膜といった膜があることで、より綺麗な水を作り出すことが出来ます。しかし、RO膜はミネラルも取ってしまう程細かい膜なので、基本原水が水道レベルでも、綺麗になるので価格が安めになります。しかし、天然水の場合は、RO膜が無いので、元々綺麗な水の必要があるので、価格は高めになります。

設置する機器の機能

ウォーターサーバーの価格が高くなる理由に設置する、商品の機能が大きな関係を持っています。設置する機器の機能ですが、この機能に関してよく知っておく必要があります。最初に、お湯をサーバーから出すことが出来る商品とそうでない商品では基本的に、料金設定が大きく異なります。これは、自分の生活の中でお湯にする事が多い頻度や、使用によるオプションですので、注意が必要になります。また、使用する水の容量が大きくなると同時にサーバーの大きさも大きくなるので、その分使用料金が高めになります。ですが、サーバーのレンタル料が大きければ、一度に購入する水の量も多くなるので、その分水の料金が安くなります。この部分を踏まえて選ぶことも大切になります。

ウォーターサーバーの大きさ

先程上記で説明した事に近い事実になりますが、ウォーターサーバーの大きさも価格を決める大きな要因になります。一番は価格とその家や場所で必要な使いやすい大きさを購入することが大切になります。つまり知っておいて欲しいのは、大きいからといっていいわけでは無いということです。大きければ、管理が難しい、スペースが必要といった要因があります。また、水自体にも賞味期限もあるので、以内で使用できる分量の物を選ぶことが大切になります。つまり、知っておいて欲しいのは、自分が美味しく快適に水が飲める商品を選ぶことです。そういった意味を知っておかないで商品を購入するということは、その分デメリットばかりが眼に入るようになります。特に女性の場合や、一人暮らしの場合は、水の価格ばかりに目が行ってしまいがちになりますが、大きさが大きいからお得というわけではなく、自分にあった価格帯の物を選ぶということを心がけることが大切な要因になるのです。また、どの場所に設置するという場所も考慮する必要があります。

まとめ

ウォーターサーバーの価格を決める要因は貯水池もありますが、RO水か天然水かの違いによって違いがあります。フィルターの枚数によって、考えるべき要因でもありますし、天然水の方が価格が高めになります。また機器の大きさや機能によっても価格が大きく変わります。その部分を知った上で商品を選ぶことが何よりも大切なのです。