ペットとウォーターサーバーの選び方、水の与え方

人間と同じぐらい大切にしているペットに美味しい水を飲ませたいという方が増えてきています。ですが、その美味しい水はあくまで人間を基準に作られたものであって、ペットにとっては病気の原因になることがあまり知られておりません。そのことを知らないでペットが病気になるケースが現在増加しております。このような病気の原因にならないようにするための水を選ぶ、飲ませるポイントを紹介します。

ウォーターサーバーの水は軟水が基本

ペットにとって硬水は病気の発生の原因になるので、硬水は絶対与えないようにしてください。体の小さなペットにとって、硬水を与えるとミネラル過多になることで、病気が発生しやすくなってしまいます。その代表的な病気は、尿路結石です。尿路結石の場合は、ミネラルが多すぎることによって、体の中で、ミネラル分がカルシウムと凝固してしまうことで、尿道を塞いでしまう症状になります。食事によっても発生しやすいとされている病気ですが、最近は、ウォーターサーバーの水による、ミネラルの過剰摂取によって発生することが知られてきています。ウォーターサーバーに入っているミネラルの分量は、あくまで人間の健康を基準に考えて摂取すべき量が決められています。そのため、ウォーターサーバー硬水の水をペットに与えることは非常に危険な行為なのです。また、pHも弱アルカリ性や7ぐらいのものが望ましいとされており、pH含めてしっかり選ぶことが大切なのです。

ウォーターサーバーの水は不純物が入っていないものを選ぶ

ウォーターサーバーの水を選ぶポイントに、不純物が入っている商品を選ばないといった事も大切なポイントになります。ウォーターサーバーの水にはいろんな不純物が入っており、水道水のような消毒もされていないので、美味しい水というものに入っている成分が不純物の可能性があります。人間が風味と感じているものがペットにとっては余分な成分の可能性があるわけなのです。そのため、知っておきたいのが、ウォーターサーバーの水で適しているのは、水の中でもフィルターを通して、不純物を取り除いているRO水がおすすめになります。ペットのことを考えるなら、不純物が入っていない水の方が健康維持にはとても最適なのです。

ウォーターサーバーの水を与える時の温度

ウォーターサーバーの水を与える場合には温度が重要になります。温度が重要な理由は、基本的に、低体温症になるケースがありうるからです。人間にとって快適な冷水はペットにとっては、冷たい拷問の様なケースになりうることがあるのです。つまり、ウォーターサーバーの水を飲ませるのは良いのですがその水の温度はペットにとって最適かということを考えて欲しいのです。ペットにとって冷たすぎる水は、低体温症の危険を引き起こす大きな問題を発生するようになります。冷たい水を飲むと人間も体温が下がりますが、冷たすぎると寒くなって上着を着た経験はありませんか?ペットの場合は服を着るというようなことは出来ませんから、凍えてしまい、体にとっては大きな負担になります。これを防ぐのは、常温の水を与えるということが大切になります。ウォーターサーバーの水をペットに与える場合は、温度管理において注意することが大切になります。

まとめ

ウォーターサーバーの美味しい水をペットにも与えたい、家族同然で大切にしている命なら尚更になります。しかし、ペットに水を与えることは、人間と同じものを与えればいいというわけではないのです。ペットに水を与えるための重要ポイントは、硬水を与えない、不純物が極力入っていないものを与える、温度に注意することが大切になります。