中国のウォーターサーバー事情

世界中の国で普及しているウォーターサーバーですが、国によってその事情は大きく異なります。今回は、日本の側にある国中国のウォーターサーバーの普及と、普及の事情に関して紹介します。

日本よりも普及率が高い中国

ウォーターサーバーの普及率が日本よりも中国が高く、多くの人が利用するため、利用のシステムが整っているのが中国のウォーターサーバーの事情になります。普及の目安が、家があればウォーターサーバーを使用しているレベルで、まさにアメリカ並みに、使用する人が多くなっているのです。特に都会の場合は、基本的に使用していない家は無く、ウォーターサーバーの水を購入する業者があったり、水を自動販売機の様な装置で販売したりしています。中国人が水を買う理由は、水道水が飲めないからといった理由で購入します。ですが、水道水に使用する水の品質は悪くないのですが、ある事情で飲めないといったことが大きな問題となっているのです。ウォーターサーバーの水の使用用途は基本的に、飲水に加えて料理への利用といった物の需要が高いのが特徴になります。日本よりもウォーターサーバーの水が中国の場合は、生活必需品となっているのです。

中国人がウォーターサーバーの依存度が高い理由

中国の水道水がまずいからといって、中国人はウォーターサーバーの水を飲食に使うわけですが、水道水が悪かった場合は大きなインフラの死活問題になります。ですが、ウォーターサーバーを利用する理由に、中国の下水道事情が大きく絡んでいるのです。水を綺麗にする装置や浄水器に関しては。日本に比べても非常に良い装置を使っています。引けをとらない装置を使用しているので、水の品質は問題はありません。しかし、中国の下水道の水を運ぶ下水管の老朽化が激しく、くちた下水管のメッキが剥がれて、その成分が溶け出すといった事態が発生しています。そのため、いくら水が綺麗だったとしても、運ぶ下水管によって水の品質が悪くなってしまいます。金属の味がして、体に有害と判断する中国人は、下水管を通っていないウォーターサーバーの水を購入するのはそういった事情があるのです。美味しい水を飲むために、こうした現地での事情がウォーターサーバーの普及をより多くしているのです。

ウォーターサーバーの注意点

中国の場合は、水を購入する際には住所登録が大切になり、水の直売所で買う場合はその様な対応を行います。契約を終了するときに領収書が必要になるので、とっておくことが大切です。また、先程紹介した、下水管の関係で場所によってはインフラが整備されており水道水でも十分飲める地区とそうでない地区があります。加えて、中国の場合は、ウォーターサーバー自体にも偽物があります。そのため、ウォーターサーバーの契約をする際には、日本で良いので現地調査をしてから、水の購入をおすすめします。中国の場合は、口コミでも良く評判が良いサーバーのメーカーを紹介する口コミが多くあります。また、会社の関係で中国に住む場合は、現地に働いている日本人に聞くことも大きな情報の収集になります。ウォーターサーバー自体にも品質が問われている中国、ウォーターサーバーを契約して水を飲む場合は、非常に大きな注意が必要になります。

まとめ

日本と中国のウォーターサーバーの事情は大きく異なり、中国の下水道の事情から、中国でのウォーターサーバーの普及率が高いのが特徴です。使用する頻度は飲食が主で、最近のインフラの整備の度合いによっては、飲水だけでも事が足りる場合もあります。また、ウォーターサーバーの水の品質自体が良くないとされている業者もあるので、契約時には慎重になることが大切です。