ウォーターサーバーの火傷

273b958057ad3fa772d837cb4a15c39c_s

ウォーターサーバーで多いのが火傷による事故です。火傷による事故は子供や年寄りもで多いのですが、実際に大人でも不注意で発生することが多い事故になります。便利な機器も間違えれば事故の原因にもなります。今回はそんな、ウォーターサーバーによる火傷の事故に関する注意喚起と対策を紹介します。

ウォーターサーバーの火傷ってどうして起こるのか?

ウォーターサーバーの火傷は、子供のいたずらや不注意によってコックが開いてしまったことによって、熱湯が出てしまい、症状が発生するのが特徴になります。ウォーターサーバーの火傷で多いのが、子供が好奇心旺盛で、コックをひねってしまい、そのまま直接お湯がかかってしまうといった事によって起こります。また、不注意で起こるのが、コックに何かが引っかかり、それによって、熱湯のコックが開いてしまったというケースや、認知症の方がひねってしまい、火傷をおったというケースもあります。そのため、ウォーターサーバーの火傷と言っても多くの原因が存在します。ウォーターサーバーは便利ですが、便利な分このような事故が起こりやすいのも現状なのです。

子供に教えておきたいウォーターサーバーの対策

子供がいる家庭でウォーターサーバーを使用する家庭が増えてきていますが、ウォーターサーバーを使用する際には、子供にも安全に使う方法を教えることが大切です。どのようなことをすると、熱湯が出て危険なのか、使い方を教えます。もし、使い方が理解できない年齢の時には、子供の身長に届かない高さに注ぎ口があるような商品を選ぶことも大切になります。ウォーターサーバーのコックに関しても、機種によって色んな種類があります。自分の子供の成長に合わせた機種を選ぶことが大切になります。また、お湯が飲みたい場合は、親に伝えるようにすると言った事も習慣づけることも大切になります。子供がお湯をひねった時に、お湯がかかる場合と、お湯の止め方がわからなくなって焦って火傷を負うケースもあるため、ウォーターサーバーの使用時には、使い方を教えることも大切なことです。

ウォーターサーバーの火傷の注意点

この他にも、最初にウォーターサーバーを使用する際には、説明書を読んでお湯のだし方を知っておく必要があります。実は、ウォーターサーバーのお湯の出し方は、基本的にコックをひねることによって出るだけでは無くて機種で大きく異なります。機種によって、出し方が違うため、その部分をしっかり踏まえることも大切なのです。特に、ウォーターサーバーの機種を変えた人は、昔の出し方の様にコックを曲げてしまって、誤ったお湯の出し方に酔って火傷をしてしまうといった事もあります。また、認知症等で高齢者がコックをひねってしまう可能性がある場合は、ウォーターサーバーの機種によっては、コックの部分に特殊なパーツを付け足すことで簡単にひねることが出来ないようにすることが出来る機種があります。使用したいけど危険性がある場合は、そのようなパーツを使用することで不用意に、コックをひねってしまう回数を減らすことが可能です。また、お湯を出すときには、本人を呼ぶといった習慣をつけるということも大切な対策になります。いる家族の年齢に応じたモデルも販売されているので、そうした商品を選ぶことが大切になります。

まとめ

ウォーターサーバーの事故による火傷の例は、普及により最近増加してきています。子供高齢者が特に多く、大人でも事故になるケースがあります。不用意に開けてしまう可能性がある子どもや高齢者がいる場合は、簡単に開かないシステムのロックの導入や使用する際に身内に声をかけるといった事が大切です。また使用前には、お湯のコックの開け方、締め方を確認することも忘れてはいけません。