ウォーターサーバーのピュアウォーターの疑問

bedba822d41ef4753ae1f6b4802577a5_s

ウォーターサーバーで多く販売されており、人気の商品の一つであるピュアウォーターですが、その商品には多くの種類があります。ピュアウォーターなのに、どうしてこんなに種類があるのか?疑問に思う人も少なくありません。どのようなピュアウォーターが健康に良いのか?今回はその疑問を紹介します。

ウォーターサーバーのピュアウォーターって何?

ウォーターサーバーのピュアウォーターとは、水を滅菌やろ過を行い、ろ過の際に、ROフィルターを通した水の通称のことを言います。このROフィルターは、マイクロ単位の系の穴が空いており、この穴を通ることで水を綺麗にすることが出来ます。単に綺麗にすることだけでは無くて、細菌やウイルスをも補足する効果があり、フィルターを通った水はまさに、純度の高い水になります。しかし、細菌やウイルスを通過するほど小さなフィルターの為に、ミネラル分が入っていないのが特徴なのです。このような水をピュアウォーターといいます。RO水や純水と書かれている表記の商品は、ピュアウォーターと同じ商品の分類になります。ウォーターサーバーのメーカーによって表記が大きく異なっているので、迷うことも多く注意が必要になります。

ウォーターサーバーのピュアウォーターなのに味がある理由

名前通りのピュアウォーターは基本的に、味がありません。味になる要因のミネラルも入っていないので、基本的には無味になります。しかし、実際に飲むとピュアウォーターの場合は味がすることが多く、ピュアウォーターの名称の定義と大きく異なります。これは何が関係しているのかといいますと、販売されているピュアウォーターは人工的にミネラルを足しているのです。フィルターによって、捕捉されたミネラル分をその分、足すことで、美味しい風味を人工的に創っています。つまり、水が各メーカーによって味があるのはこのような部分が大きな関係を持っているからです。つまり、ピュアウォーターの定義通りでは無いことで、味や風味が違うため、商品が多く販売されているのです。ミネラル分の調合率が、メーカーによって違うからこそ、価格にも差があるのはこのためなのです。

ウォーターサーバーのピュアウォーターの価格が違う理由

先ほど紹介したとおりピュアウォーターは純水で、基本的にROフィルターを通せば、作ることが可能です。ですが、ピュアウォーターの価格が大きくメーカーによって異なる理由は、その採水地が大きな関係を持っています。海外、国内の水の差、天然水か、地下水だけか、そういった採水地や採水する水の種類によっても価格が大きく変わります。特に、採水する水の種類によっては、一度に採取する水の量が多いほど単価が安くなるので、そのような傾向が見られるようになります。価格が安い、高いはこの部分が大きな関係を持っていると言えるのです。水の採取の量も重要ですが、会社が持つ処理のスピードの速さや一度に処理出来る水の量によっても価格は大きな変化を持ちます。同じRO水でも価格が大きな変化を持つのは、このような部分が大きな関係を持っているのです。メーカーにより、処理の方法や採水に関するこだわりを読んで納得できる商品を選ぶことも大切になります。

まとめ

ウォーターサーバーで多く流通しているピュアウォーターの種類は基本的に、処理する水をROフィルターに通した全般を指します。加えて、ROフィルターを通した後に、ミネラルを足すことで風味を人工的に調整しています。また、採水地や処理のスピードや量によって、価格が各メーカーによって大きな差があるのが特徴です。自分に納得できるピュアウォーターを選ぶ参考になれば幸いです。