軟水と超軟水の違い、比較、特徴

ウォーターサーバーで販売されている水の種類には、実は硬水、軟水の他に超軟水という区分があります。この超軟水と軟水の差に関してはあまり知らないという人も多く、いざ表記で見てしまうと迷ってしまうといった方も多いのが特徴になります。今回は、軟水と超軟水の違い、比較、特徴に関して紹介いたします。

軟水と超軟水の違い

軟水とは世界的な基準で、硬度が60mg/Lのミネラルの分量以下を軟水として区分されていますが、日本の場合は軟水の場合は、100mg/Lを基準にして、軟水と区分されて、ウォーターサーバーの水として販売されています。軟水は、ミネラルの分量の基準が日本ではありますが、超軟水の場合は日本の区分がありません。そのため、超軟水という定義は海外の商品の販売の定義になります。海外での、超軟水としてのミネラルの分量は、40mg/Lという分量が定められています。この基準を元にして、販売し宣伝しているメーカーも多く存在しています。超軟水は、軟水に比べて、ミネラルの分量が少ないからこそのメリットがあり、大きな特徴も持っているのです。海外と国内品の違いがあるため、厳密に超軟水を購入を考えている場合は、海外の商品を購入するのがおすすめになります。海外の場合は日本と大きく異なって、軟水の方が手に入りにくく貴重な為、この区分に関しては厳しいのが特徴です。

超軟水が向いている人

超硬水は、尿路滑石等腎機能障害を持っている方には向いています。尿路滑石がある人は、基本的に体の中にあるミネラル分が結晶化してしまうが為に病気が起こってしまうのが大きな問題点になります。そのため、普段からミネラル分が少ない水を飲むことで健康の維持をすることが容易になります。また、超軟水が向いているのは、こうした体の代謝が落ちがちの高齢者は向いているとされています。また、和食が好きな人は超軟水がおすすめです。日本人の和食の風味や味付けの繊細な味には実は軟水が向いているとされていますが、その風味を出すには、軟水よりも超軟水が向いているとされています。水でミネラル分が入ることで、日本の味付けに使用する、昆布や鰹節から有効な旨味成分が出ないといった問題が起こります。海外の水で和食を創ったもののあまり美味しくないというのはこのことが大きな原因になります。軟水でも美味しいのですが、より美味しい味付けやこだわりがある場合は超軟水がおすすめになります。

超軟水とピュアウォーターの違い

超軟水とピュアウォーター、表記が似ているので、間違える人がいます。ですが、製造過程が違うものの区分の為、その部分を踏まえて商品を選ぶことが大切になります。最初に超軟水の特徴ですが、これは、水の硬度をさしている言葉になります。水に含まれているミネラルの分量が少ないのが超軟水です。ピュアウォーターというのは、ROフィルターを通した水全般のことを指します。超軟水でも天然水の区分に該当する商品がありますが、現に、ピュアウォーターを創った後に、超軟水基準のミネラルの分量を加えて、超軟水にして販売しているケースが多いため間違える人が後を絶ちません。それぞれの作る水のメカニズムが違うので選ぶ際には気をつけるようにすることが大切なのです。

まとめ

ウォーターサーバーで販売されている軟水と超軟水には大きな違いがあります。それぞれ含まれているミネラルの分量がリットルあたりの単位で異なります。健康に問題がある人や高齢者に向いている水になります。注意点は国内産と海外では超軟水の基準が異なるため、厳密に超軟水が欲しい人は海外の水や基準をパスしている商品を選ぶことが大切になります。