ウォーターサーバーのリターナブルボトルの特徴

a13559bb49a781a1d5567f4b397b7f3c_s

ウォーターサーバーにはボトルの種類で、大きく2つの分かれます。このボトルの形式ですがそれぞれ、長所と短所があります。そのボトルによるメリットの需要によっては快適にウォーターサーバーを使用する環境に大きな関係を持っています。今回は、ウォーターサーバーのリターナブルボトル式に関して紹介します。

リターナブルボトルとは?

ウォーターサーバーのリターナブルボトルは、12L形式やガロン瓶に該当する量の水を入れるタイプの商品になります。ボトル自体の重量は重めで、一つのボトルに対する、容器の壁面の厚さは厚めなのが特徴です。壁が厚いこのボトルは、ウォーターサーバーにセットして、使用します。使用した後に、水の入った容器は捨てずにとっておきます。そして、ウォーターサーバーの水を購入時に、ボトルを回収してもらい、業者の中で、消毒後、再び、ウォーターサーバー用の水を入れて配達するシステムになります。回収されたボトルは、紫外線や熱湯消毒等を行うため、繰り返し使用したとしても、品質に問題が無いとされているシステムです。海外では、一般的な方法で、特にエコを推進しているヨーロッパやウォーターサーバーが多く普及しているアメリカ等では多く普及しているシステムになります。

リターナブルボトル式の長所

12L以上の量の水を持つことは、重量感があるため、持ちづらいと感じますが、容器の壁面が厚めなので、持ちやすく、同じ重量の水をほかの容器に入っているよりも、重量感が感じません。そのため、カートリッジの付け替えが非常にやりやすいのが特徴です。ウォーターサーバーの事故であるのがしっかりとカートリッジとサーバーの隙間が無く、はまっていなかった関係で、継ぎ目から水漏れをするというトラブルが多く発生することがあります。こうした、水漏れの事故を防ぐことが出来ます。加えて、非常にボトルを回収するために、ボトル代がかからないため、一ヶ月の水の購入料金が安くなる傾向があります。ボトルを使い捨てにするワンウェイ式も価格が安くなってしまうが、リサイクルをしているリターナブルボトル式の料金より安いのが大きな特徴になります。そのため、安く月額の料金で使い分けをしたい場合は、リターナブルボトル式はおすすめしたいポイントです。

また、エコを意識している企業も多く環境を保全するといった意味でも非常に貢献できる、サーバーのボトル形式になります。

リターナブルボトルの短所

リターナブルボトルにも短所があります。それは、ボトルを受け取りに来るまでに、1週間はかかるため、置き場所が必要になります。ボトルの使用の回数が多い場合はそのボトルを置く場所が必要になるので、確保が大切です。また、ボトルでも積み重ねが不可能な商品もあるので、契約時にはスペースの有無に加えて、積み重ねができるかどうか知っておくことが大切になります。次に考慮すべき点は、衛生面です。ボトルには、空気が入らないと、ウォーターサーバーの箇所から水が出ないのですが、ボトルの形状を維持するために空気が入る必要があります。そのため、雑菌が繁殖する可能性があります。最近はその空気が入る箇所にフィルターや菌が入らないようにする工夫によって、安全性が高い商品も販売されてきていますが、衛生面では少し劣る部分があるということも知っておくことが大切です。

まとめ

ウォーターサーバーのリターナブルボトルは、料金が安く、サーバーの設置がしやすいといった特徴があります。しかし、形状を維持したまま水を出すボトルなので、空気が入ることによる雑菌の繁殖の可能性やボトルの保管場所に関する欠点があります。