ウォーターサーバーのワンウェイ式ボトルの特徴

0ccb3261cbbdce82c99c9fcf922534cf_s

ウォーターサーバーのボトルの形式には多くの種類があります。その種類を知ることが非常に快適にサーバーを使用する大きな要因になるのです。今回は、そんなウォーターサーバーを快適に使用するポイントである、ワンウェイ式ボトルの特徴を紹介します。

ワンウェイ式ボトルとは?

ワンウェイ式とは、その名前の通り一回使用したら、そのまま破棄するボトルの形式を指します。つまり、ウォーターサーバーの場合は、一旦カートリッジに取り付けて、水を飲み切ると、そのままボトルを捨てる形式になります。ボトルの重量は軽めで、捨てるときにかさばらないようになっているのが特徴で、配慮している形式のボトルになります。次に、知っておきたいのがウォーターサーバーのワンウェイ式ボトルのボトルには基本的に壁面が薄いため、最終的に、ボトル自体が潰れて行くことで、水を出し切る形式になります。通常ペットボトルを飲むときにペットボトル自体がペッシャンコにならないで飲めるのは、口を離したと同時に同じ圧力で空気が入り込むために、形状を維持しているという事があるため、潰れないで済むのです。ですが、ワンウェイ式ボトルの場合は、空気が入らず出しきるため、潰れた形になるのが特徴になります。

ワンウェイ式ボトルの長所

ワンウェイ式ボトルの長所は、水を購入して使用していった後に、タンクを捨てていくため、回収の手間が無いことと、回収までのボトルの置き場所が無くても良いのが特徴です。購入した水を置く場所は必要ですが、回収の手間が省けるため、非常に扱いやすいのが特徴になります。次に、ボトルに中に一回も空気が入らないので、雑菌の繁殖の危険性が無く、安全と言った特徴があります。空気にはウイルスや細菌がいます。水道水では塩素が入っているため、細菌やウイルスが、入ったとしても塩素によって消毒されるので増殖を防ぐことができます。しかし、ウォーターサーバーの水の場合は、美味しさを追求しているため、塩素の消毒はしておりません。ですから、ウォーターサーバーの水に菌が侵入すると、増えやすいのが特徴です。ワンウェイ式ボトルの場合は、取り付けたら空気が入らず、水を出しきるので、細菌がいるとされている空気に接することなく、美味しく水を飲むことが出来ます。水をコップに出しきるまで、雑菌の繁殖のリスクが無いのが大きな特徴になります。

ワンウェイ式ボトルの短所

ワンウェイ式ボトルにも短所があります。まずはボトルが軽量化されているので、取り付けが難しいといった特徴があります。また、ボトルの壁面が薄いため、持ちにくいといった特徴もあり、取り付け時に上手く取り付けることが出来ずトラブルになるケースもあります。サーバーへの取り付けやすさを考えると使いにくいのが特徴になります。エア抜きが上手く出来ないと、水がサーバーからスムーズに出ることが出来ず、水が流れないという事もあります。最近では自動でやってくれる機種も出てきており、苦手と言う方は、そちらの機種を選んだほうが無難です。また、ボトルの料金が毎回かかるのも特徴で、洗いを繰り返して使用している、リターナブルボトルに比べて料金が高めなのも特徴になります。月々の使用料金で比較すると、高めなのがたまに傷です。また設置の際に、自分でエア抜きという作業をする必要があります。

まとめ

ワンウェイ式ボトルは長所が多く、スペースの面に関しても節約が出来る、衛生面で安全といった点で非常に大きなメリットがあり安全性の高いのが特徴的なボトルになります。しかし、サーバーの取付面での難しさやコストの面で高めなのが欠点なのです。