ウォーターサーバーの水の種類

225156bee7dc616827c67c01a32666fd_s

ウォーターサーバーの水の種類は大きな選ぶポイントになります。ミネラルウォーターを最近は買わなくても、ウォーターサーバーを最初から購入する人も増えてきており、水の種類に関して知っておくのは大切なことです。今回は生活にあった自分ピッタリの水を選ぶポイントを踏まえつつ水の種類を紹介します。

硬水・軟水の違い

硬水・軟水は何が違うのか?それは水に含まれているミネラルの量が大きく関係しています。一般的に軟水は、ミネラルの分量が120mg以下をさし、硬水の場合は120mg以上を指します。ミネラルが多く健康を意識していると、硬水の商品が良いとされていますが、実は硬水の場合は欠点があります。ミネラル分が多くて、本来の料理の調理に向かないといった事があげられます。一般的に日本の水は軟水であるので、その硬度で料理をすると味の浸透の違いといった部分で差がでるようになります。故に、味や風味が変わってきてしまうのです。そのため、ウォーターサーバーの場合は多量の水を購入し、料理をメインで使用する人も多いため、基本的には、日本人の場合は軟水をおすすめします。健康を意識して摂取するには硬水が良いのですがあくまで、飲水としてのみ使用するのが大切です。また赤ちゃんには、硬水の場合は、胃腸に悪影響を及ぼす場合もありますので、注意が必要になります。

天然水とRO水の違い

天然水とRO水の違いは大きな違いがありまして、水を綺麗にするフィルターの枚数が異なるため、名称が変わっています。水を綺麗にするROフィルターが多いのがRO水になります。RO水の場合だと、綺麗になると言ったイメージなので、より良い水と思いがちですが、ROフィルターは穴が小さなフィルターで本来の水に入っているミネラル分を取ってしまうフィルターです。そのため、後にミネラルを添加するといったことをしています。天然水の場合はROフィルターが無いので元の水自体が綺麗でないといけません。加えてミネラルも多く含まれている水なので、大変良いとされています。また、フィルターでミネラルを取る場合は基本的に味が変わります。RO水はあくまで純粋といって水だけしか入っていない水です。わかりやすくいうと、安く売っている塩は塩化ナトリウムのみですが、天然塩は基本的にミネラルが入っているので風味が異なる理屈と同じになります。

水の種類は価格にも差が出てくる

先程紹介したウォーターサーバーの水に関してですが、水の種類によって価格の差が出てきます。一番大きな要因は、天然水とRO水の差になります。天然水の場合は、元々綺麗水を採取する必要があるので、価格が高めになります。RO水は、フィルターが多くなるため価格は安めになる傾向があります。多量においしい水を飲みたいというなら、RO水、健康を意識している、赤ちゃんに飲ませたいなら、天然水がおすすめになります。また、軟水・硬水に関しては日本国内であれば軟水で、加えて国内採取なのでやすくなります。一時期輸入のサーバーのはやりもありましたが、国内のサーバーの商品の質も良くなったため、価格に関しても国内採取の軟水のサーバーの商品の方が価格は安めになります。水の質を考えて、一番は天然水で国内採取のサーバーの商品がおすすめになり、おいしい水を低価格でゲットできます。 

まとめ

ウォーターサーバーの価格を決める要因は貯水池もありますが、RO水か天然水かの違いによって違いがあります。フィルターの枚数によって、考えるべき要因でもありますし、天然水の方が価格が高めになります。また機器の大きさや機能によっても価格が大きく変わります。その部分を知った上で商品を選ぶことが何よりも大切なのです。