赤ちゃんに取って良い、主婦にも優しいウォーターサーバーとは?

b608702dee6bdbe6695d26be2bea11fb_s

赤ちゃんに取って必要なのは、安全なお水ということでウォーターサーバーを購入されている方も多いのが現状になります。ですが、そのウォーターサーバーを選ぶ際に知っておいて欲しいポイントがあります。今回はそのポイントを中心に紹介します。

赤ちゃんにとって必要なのは?軟水で天然水

赤ちゃんに取って重要なのは、最初に、軟水であることです。実は、人間の腸は元々強いわけではなくて、弱い存在です。人間の腸は基本的に、食生活や習慣によって慣れて適応していきます。つまり、菌があって食事をしただけで感染をする人と、そうでない人がいるのは環境によって、腸が適応したと考えるべきなのです。それはミネラルにも大きな関係を持っていて、人間が生まれた時の胃腸は、多くのミネラルを処理しきれないといった状況になっています。そのため、赤ちゃんには多くのミネラル分は非常に禁物なのです。つまり、赤ちゃんが多量のミネラルを摂取すると下痢をする可能性があります。そのため、軟水の物を選ぶのが第一点です。次にRO水は人工的にミネラルを入れたものになりますので、天然水でおいしい水の方をおすすめします。天然水は元々、一番美味しい水を安全にした物をウォーターサーバーで使用しています。天然水のいいところはミネラル自体のバランスも非常に良いといった点です。また、人間が美味しいと感じるミネラルのバランスがあるのも、天然水になります。そのため、天然水で軟水の物がおすすめになります。

主婦には優しい機能をつけたウォーターサーバー

赤ちゃんがいる主婦や妊婦にもウォーターサーバーは大きな武器です。正直に言って。水を飲むだけで、必要なミネラルが簡単に摂取することが出来るのが、ウォーターサーバーの魅力になります。妊婦の場合は、赤ちゃんがいるために、摂取すべき必要なミネラルの分量が多くなります。また次に必要なのは、赤ちゃんを出産した後です。美味しくて安全な水を飲むことも出来ますし、機械によっては、熱湯を出すことも可能になります。そのため、熱湯で簡単に粉ミルクをすぐに作ることが可能になるのです。粉ミルクを作るためにお湯をわかすって意外に大変です。特に夜泣きとか、急なときでも簡単につくれるというのが本当に魅力になります。生活習慣によって便利機能を充実させて、生活をより快適に過ごすようにするのも魅力的な要素です。

妊婦さんや赤ちゃん持ちの人には小型がおすすめ

ウォーターサーバーっていろんな種類がありますが、大きさは小さめがおすすめです。最初に、妊婦や出産を行った女性が、重いタンクを持つのは危険です。タンクを持つだけでも重労働ですし、場合によっては、流産といった大きな体調の問題にもなりかねません。また、ミルクを作る際に台所に置く場合を考えるとあまり大きなスペースを取ることが日本の住宅では困難なのです。そのため、小さな7Lのものですと、女性でも負担なく持ち上げることが出来てセッティングをすることが出来ます。妊娠や出産で台所に行く頻度や利用の用途に合わせて大きさを選ぶことが大切です。小型で熱湯が作れるものはメーカーが限られてくるので、自然と選ぶさいに絞ることも可能になります。大きさと機能を踏まえて自分にあった商品やメーカーを選ぶのが基本になります。

まとめ

ウォーターサーバーで赤ちゃんや妊婦にとって良いものとは何かといいますと、水の性質では軟水で加えて、天然水がおすすめになります。また、利便性を考えて、台所におけると言った部分で軽量のものであることと、赤ちゃんがいる場合はミルクを作るためにお湯が簡単に作れるものを選ぶと大きなメリットがあります。