水素水とウォーターサーバー

cc9a06c24bbf8e4e5608ff160b421a2b_s

最近は水素の摂取によって、健康効果が多く見られる事例があります。その水素水を簡単に摂取できるようになったのが水素水を作るウォーターサーバーになります。通常の水と何が違うのか、ウォーターサーバーを選ぶ基準に関して紹介します。

そもそも水素水ってなんだろう?

水素水の特徴は飲むことによって、体のあらゆる病気の原因になっている体に存在している活性酸素の存在を消すことが出来るのが大きな効果になります。活性酸素は老化や正常な細胞を作る設計図であるDNAを破壊してしまうのです。その破壊を食い止めることが出来るのが水素水になります。では、なんで水素を摂取すると活性酸素を消すことが出来るのか?それは、活性酸素の性質が大きな関係を持っています。活性酸素は正常な酸素よりも反応性が高いのが特徴になります。酸素でも電子を一つ多く持っている酸素は、その電化の性質によって他の原子と結合しようとします。その時に水素があると、活性酸素は、水素と結合して、水になります。つまり、体内で水に結合してしまうので、活性酸素が水になり、本来壊そうとしている体の組織や細胞の損傷を避ける効果があるのです。つまり活性酸素の大きな特徴は体の中の酸化や遺伝子の破壊といった悪い影響がありますが、水素水を摂取することは、この酸素の働き自体を抑制することが出来ます。そのため、一定の水素を溶かした水を水素水と呼んでおり、今その健康効果が注目されているのです。しかも、水素の活性酸素の働きの抑制力はピカイチに加えて、比較的水素が安いこともあり、手軽に飲める健康飲料の一種に分類されています。

水素水のウォーターサーバーを選ぶといい理由

水素水はペットボトルでも販売していますが、ウォーターサーバーにするメリットとは何なのでしょうか?そのメリットとは、水素がペットボトルよりも抜けにくいといったポイントがあります。一定量の水素を溶かしこんだペットボトルで全量飲めないケースがあります。この時、水素は自然に空気に溶けてしまうのです。いわば炭酸飲料を飲んだのと全く同じ理屈になります。つまり、ペットボトルの飲料は飲みきりでない限りは、水素水の効果を得ることが出来ません。加えて小分けの飲料を購入すると、飲料が高いといった問題があります。しかし、ウォーターサーバーの場合は基本的に、特殊な栓があるため、入れた時いつも一定の水素が入っている状態になります。加えて好きな量を飲むことが出来るのも大きなポイントになります。ウォーターサーバーを選ぶことにはこうしたメリットがあるのです。

ウォーターサーバーを選ぶ基準

ウォーターサーバーで水素水を買う場合は、含まれている水素の量が大きなポイントになります。水素水と言って効果が無いケースは基本的に含まれている水素の量が著しく少ないといったことで発生するケースが殆んどになります。そのため、含まれている水素の分量が何よりも大切なポイントになります。その水素の分量の基準が2.5ppmになります。体内に1ppmの水素を摂取することが大切なのですが、そのためには飲料に最低でも2ppm含まれていないと意味がないのです。故に、この分量が基準になります。また機械も電解式ではなくて飽和式の方が良いとされており、この場合は最後まで水素の分量が一定であるメリットがあります。そのため機械のシステムも含めて検証することが大切なのです。

まとめ

ウォーターサーバーで水素水を摂取するには多くのメリットがあります。そのメリットを享受するには、水に含まれている水素の量と、機械の性質が大きなカギを握っています。その部分を踏まえて機器を選ぶことが大切なのです。