ウォーターサーバーの手入れとは?

a14feae56a04b636013d8d8e2b5d5fda_s

ウォーターサーバーをレンタル購入をすると、必ずついてくるのが手入れになります。手入れをしっかりしておくと、その分快適に長期間使用することが出来ます。実際に、購入をしてみないと解らないウォーターサーバーの手入れに関して紹介します。

ウォーターサーバーの手入れの種類

ウォーターサーバーには実は手入れと言っても、2種類あります。ウォーターサーバーも機械ですのでその機械の状態をしっかりメンテナンスをする必要があります。業者に来てもらうケースと、自分たち日常で行う手入れがあります。業者に来てもらう頻度は、故障がない限りは基本的に、1~2年の頻度でウォーターサーバーの手入れを行います。中のフィルターやカートリッジの連結部分やパッキンの状態を言った機器の内部や水漏れの元になる箇所を点検するのが大きな役割です。ウォーターサーバーは基本的に外観がプラスチック、内部は機器やフィルターが使用されていますが、点検に来るのがフィルターの交換とパッキンの交換が主になります。毎日多量の水の処理をしているので、フィルターの劣化があり基本的に1~2年になります。フィルターの劣化は水の品質に大きな関係を持っているので、その交換をしないと知らない間にまずい水を飲んでいることになるので注意が必要です。後、漏電の点検やパッキンの劣化や交換の確認をするケースが殆んどになります。費用に関しては、有料のところと無料のところ、無料はここまでで、有料はこの作業からといった部分で、分かれているケースがあるので注意が必要です。

ウォーターサーバーの手入れ

ウォーターサーバーは自分たちでも手入れをしないと、大きな問題になります。基本、ウォーターサーバーは水を溜めて、水を出す機械でもあるので、水分があるとカビといった物が発生しやすくなります。特に注意したいのは、蛇口の部位です。水を出す部位は、一番コップのヘリといった部分で汚れがつきやすい箇所になります。そのため、その部位はとても雑菌が発生しやすくなり、ウォーターサーバー自体が雑菌をばらまいている原因にもなりかねません。まずは、この部位を丁寧に、さっとでも良いので消毒することが大切になります。次に、受け皿の部分もこの部位も水が溜まって放置をしやすい部分ですが、この部分も溜まっている水を流すといったことをすることが大切になります。基本ウォーターサーバーには、台所の水道の様に水が流れるわけでは無いので、この部位に水が溜まりがちになります。そのため注意が必要になるのです。

ウォーターサーバーの外の手入れも忘れずに

ウォーターサーバーって冷蔵庫の様に設置するケースが多いので、こうした商品を使用する場合は、外側のコンセントの裏といった部分も定期的な掃除が必要になります。その理由は、ウォーターサーバーは使っていると忘れがちな点に、電気を使用しているといった点です。快適な温度の水を出すためには、その分電気で状態を維持していることを忘れてはいけません。ですが、皆さん忘れがちで長時間、放置してしまった時に発生するトラブルとして、漏電があります。その漏電の原因は周辺のホコリを綺麗に取っていないことによるショートが原因のケースです。その問題を解消するには、丁寧に掃除を定期的に行うことが大切になります。また、パッキンが割れるとうことで、サーバーから水が漏れだすというケースがあります。酷い漏水を防ぐためにも普段から無い傷がある場合は交換する手配が出来るように観察するのも大切なことです。

まとめ

ウォーターサーバーは手入れが必要な機器であり、置けばそのままずっと使用できる機器ではありません。ですが、手入れと言っても毎日の習慣にさえしてしまえば大きなトラブルを無くすことは可能なのです。