ウォーターサーバーの実際の手入れの方法

29cd8672f19ebb60799c5dcad308ae7a_s

ウォーターサーバーの手入れをするには、どういった物を使用して、注意すれば清潔に保つことが出来るのか?また、楽して手入れを行うにはポイントがあります。手入れに煩わしいといった悩みを多く聞きますが、ポイントを知っておくとそうしたデメリットもかなり緩和されます。今回は、ウォーターサーバーの実際の手入れ方法を紹介します。

一番雑菌が繁殖しやすい口の部分は念入りに

一番雑菌が繁殖しやすいのが、水を出す口の部分になります。この部分は基本的に毎日行うことができたら理想です。赤ちゃんがいる場合は、体内に免疫が不十分のため、より警戒をする必要があります。この部分が雑菌が繁殖しやすいのが水分があることと、人間の口についている微量のタンパク質が付く可能性があります。同じコップで、水を飲む際にうっかり、サーバーの口の部分にあたってしまったと言った経験は無いでしょうか?こうしたことを回数を重ねて放置をしていると、そのタンパク質と湿度によって菌が繁殖しやすいといった状態になります。そのため、この部分は念入りかまめに管理をする必要があります。管理とは口の部分に液だれがない状態にする、使用してしばらく後には、熱湯で絞ったふきんで良いので、拭ききる事が大切なのです。それが出来ないと管理不足で病気の原因になるので注意が必要になります。また、合成洗剤で使用して洗うことは厳禁です。洗剤によって体調を崩す可能性があります。そのため、熱湯消毒か汚れが落ちない場合は、酢、重曹といった口に入れても問題が無いもので、加えて、汚れ落としの洗剤に使用されているものを使用するのが良いのです。

ウォーターサーバーの受け皿は洗剤を使って洗う

最初に、手入れで重要なのはウォーターサーバーの受け皿です。ここには水が溜まりやすく、長時間放置すると水垢やよどみが発生するようになります。こうなってしまうと、たいへん厄介で、また、水が溜まっている部分から、臭いの発生の原因になります。そのため、管理が大切なのです。多くのウォーターサーバーは基本取り外し洗浄が可能ですが、中には外せないものや外すのが難しい物もあります。そのため、最初に、商品をレンタルした際には、外し方の確認をしておくのが基本になります。外して普通に食器を洗うように洗って最後に熱湯をかけて完全消毒すれば完了になります。注ぎ口に比べれば、掃除の頻度はすくなくていいものの、週に一回は掃除をすることが大切なのです。

ウォーターサーバーの実際の手入れに関して

ウォーターサーバーの手入れは、実際に水が出る箇所だけでなくて、それ以外の部分の管理も必要になります。具体的には、ホコリ等の掃除になります。簡単に気づいたらモップをかけるだけでも良いのです。ですが、ここで注意点があります。濡れた雑巾等でコンセント周辺を拭かないようにしてください。漏電及び感電しますので、故障の原因になります。また機器周辺やウォーターサーバー内部の故障による問題がある場合は、基本的に素人が対応すべきでなく業者を呼ぶ必要があります。個人的に触った時点で、壊した責任が自分にいってしまい請求が来てしまう可能性があります。故に内部の故障を疑う場合は、電話で相談する、処置する場合は写真を撮影する事が大切で、壊れている時点の現状を知ってもらうのが何よりも重要です。その後、修理に出すことが大切になります。手入れといって壊しては元も子もないのです。

まとめ

ウォーターサーバーを安全に使うには、手入れが必要です。実際に使用する手入れには、蛇口と水のシンクの溜める地点を重点的に管理し、それ以外はさっと叩きでホコリを落とすだけで十分なのです。