バナジウム水とウォーターサーバー

バナジウム水のウォーターサーバーがあるってご存知でしょうか?これらの水には大きなメリットがあります。知っておいて欲しいのはお得であるだけでなく、バナジウムの健康効果を考えると飲む期間も長くなります。今回は、バナジウム水のメリットと、ウォーターサーバーを選ぶポイントを紹介します。

バナジウムとは?その健康効果

バナジウムは地球上に存在する微粒元素になります。亜鉛や鉄のようなミネラルの一種で、微量に体内に摂取すると大変人間の健康維持に有益なメリットがある元素になります。人間の体内に入ると、血液の環境の改善になります。糖尿病の場合は血糖値を下げ、中性脂肪がある場合は中性脂肪の数値を著しく下げる効果、また、悪玉コレステロールの数値を下げる効果があります。そのため、多くの人が健康効果を狙って食品による摂取をされていました。バナジウムは基本的に、地中や水に微量に溶け込み地球に存在しているので、生物の食物連鎖でも濃縮されます。特に多いとされている食品は、エビ、あさり、パセリや海藻に多く含まれています。しかし、これらの食品を毎日摂取するには大変だという人は多くいませんか?そこで注目されたのは、バナジウム自体が水にも微量に溶け込んでいることに注目し、水で摂取する方法でした。水なら、実際に食事にも使用でき、毎日の摂取にも苦痛にならない人がほとんどです。水の摂取自体も体の血糖値の調整に役立つので、おすすめされているのはそのためです。

ウォーターサーバーで注文するメリット

バナジウム水は、通常の水よりも価格が高いのが特徴になります。その理由は、基本的にバナジウムがある水脈が限られている点です。地球上に確かに存在していますが、基本的に、健康効果を得るためには、一定の含有量が必要になります。一定の含有量が必要ということは、その分採取する地域が限られてしまうのです。また、水を毎日飲むことを考えると2Lのペットボトルなんてあっという間に使用してしまいます。それを毎回買うには、大変コストが高くなる事になるのです。つまり、知っておいて欲しいのは、小分けした水を買うと高いのですが、ウォーターサーバーは基本多量買いになるので、料金がお得になります。また、場合によってはペットボトルよりも含有量が多いケースもあるので、お得に使用する事が出来るのです。

バナジウム水をウォーターサーバーで選ぶ注意点

バナジウムは一定の量含まれていないと健康効果が期待できないと記しました。一体どれくらいの量が必要なのか?目安量を知っていないと、飲んでいても効果があるのと疑問に思ってしまう状態になります。故に、バナジウムの含有量の目安の数値は知っておくべきなのです。1日1.8mg=1800μgが目安になっています。しかし、注意したいのは先程紹介した糖尿病で薬を飲んでいる方、妊婦や、抗癌剤治療を行っているケースは、バナジウムによって副作用が出やすい方なので飲む前には一旦医師への相談が必要になります。最近では飲んだだけでも、糖尿病の原因である血糖値を下げてしまう効果があるバナジウムの量が入っている商品もあります。血液の環境を良くするのはメリットが有りますが、それがすぎると毒になってしまうので、注意が必要になります。また、副作用も確認されており、うつ病や脱力感と言った症状がある場合は注意が必要になります。

まとめ

ウォーターサーバーでバナジウム水を購入するにはメリットがあります。高価なバナジウム水をお得に安く購入することが可能です。しかし、バナジウムは微量元素であるので摂取をし続けないとそのメリットを活かすことは出来ません。