ウォーターサーバーの水の賞味期限

0ebfc28372f2774b61e384751be9ff7c_s

ウォーターサーバーなら、良く飲むし、多量に水を購入できて良いと思っていませんか?ですが、そんな水でも賞味期限は実際に存在します。そのため、多量に買い過ぎると賞味期限自体が切れてしまうといった問題も発生します。今回は、そんなウォーターサーバーの賞味期限と飲み切る注意点を紹介します。

ウォーターサーバーの水の賞味期限はどれくらい

ウォーターサーバーの水は基本的に、密閉されている容器に入っている状態と実際に開けた時の賞味期限は大きく変わります。密閉されていると、水の中の有効成分の酸化による劣化や、細菌やウイルスの繁殖を防ぐことができるので、基本的に未開封の場合は、メーカーによりますが、半年から一年の長さは賞味期限が保証されています。また知っておいて欲しいのは、ウォーターサーバーから開けた後ですが、原則的に1ヶ月から、2週間で飲み切るのが基本です。その間の周期でタンクの交換が出来るように、実際のサーバーの水の賞味期限が丁度になるようにしています。綺麗な水とは言え賞味期限があるので、使用の際には、賞味期限内で飲みきれる分量の、タンクを設定して使用した方がお得です。おいしい水を飲むには、賞味期限内で使用し切るのがポイントになります。良い水だから腐らないというのは大間違いなので、きちんと飲み切るようにするのが大切です。

天然水とRO水、賞味期限が長いのは?

サーバーの水も実は、賞味期限の長さがウォーターサーバーの水の作り方、採取の仕方で大きく変わってきます。実は、天然水よりもRO水の方が一般的には賞味期限が長めです。これは何が関係しているのか?それは、天然水の特性になります。天然水は文字通り、天然の水を採取して、フィルターに通して、汚れや不純物を抜いた物になります。ですが、このために必要なミネラルや他の物を取り除かずに、密閉したのが、天然水のウォーターサーバーの水になります。この時、ミネラルと同じ程度の大きさの有機物はフィルターを通ったまま、存在しています。また、水に溶け込んでいる酸素も存在しています。故に、水自体が腐りやすい要因を持っている状態になります。RO水はその天然水にROフィルターを通している状態になるので、先程の状態に比べて、不純物が少ない、加えて、酸素も少ないため腐りにくい特徴があります。そのため、賞味期限は基本的に天然水のサーバーに比べて長めなのです。

ウォーターサーバーの水、賞味期限以内を選ぶ目安とは

ウォーターサーバーを最初に契約した時点は、皆さん美味しい水を飲みたいといった意識が強いので、水を選ぶ際には、普段よりも多く飲むことを想定することが多いのです。そのため、自分が普段飲んでいる量よりも、1~2Lぐらい多くても問題が無いと思います。また、契約の際に迷う場合は基本的に、量の変更が可能なのかどうか、しっかり調べておくことが必要です。時には契約の関係で、数ヶ月以上経過しないと契約の交換が出来ないといったケースもあります。そのため、水の分量で実際に迷っても、すぐに対応できる業者を選ぶのも大きなポイントです。多いなと思ったら、料理に使用して、使いきるのもおすすめな方法になります。使用する水の分量が賞味期限内であるかどうかは使ってみないとわからない部分もあるので、不安になった人はその部分を踏まえて商品を選ぶことも大切なポイントになります。メーカーで最初の時点で問い合わせするのも重要なことです。

まとめ

ウォーターサーバーで意外にうっかりしがちなのが水の賞味期限です。水の賞味期限は未開封の場合なら1年、開封後なら、2週間から1ヶ月で、比較的期間が短めになります。そのため自分にあった水の使用量に注意するのが基本になります。