子供の生育とウォーターサーバーの水

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

子供が元気に育って欲しいとウォーターサーバーの水を購入した大人の皆さん、必見!
実は子供の年齡によっては、注文したウォーターサーバーの水質があっていないため、体調不良を起こすケースがあります。毎日飲むものですから注意が必要です。今回は、子供の生育にとって必要なウォーターサーバーの水の知識をご紹介します。

ウォーターサーバーの水を飲んではいけない年齡

ウォーターサーバーの水を飲んではいけない年齢の子どもは、赤ちゃんです。赤ちゃんには基本的にウォーターサーバーの水は不向きとされています。どうして赤ちゃんが、その水を飲んではいけないのか?それは赤ちゃんの腸自体が未発達だからです。赤ちゃんは、生まれた当初栄養分の吸収に関して腸が未熟で、栄養分に関しても少しずつ飲んでいかなければ、吸収することが出来ないような状態になっています。授乳の頻度が多いのは、このためです。腸が未熟な赤ちゃんが、大人と同じ食べ物を食べる事が出来ないのは、消化液といった物や栄養分の吸収が十分に出来ないからです。では、それがウォーターサーバーの水とどういった関係があるのでしょう?それは、ウォーターサーバーの水にはミネラルが通常の水に比べて多く含まれているため、赤ちゃんの腸の調子を悪くしてしまうからです。ウォーターサーバーの水が赤ちゃんに良くないというのはこの為です。

ウォーターサーバーで飲む水を大人と同じ要領で飲んで良い年齢とは?

人間の腸の発達を考えると、大人と同じ成分で体調を崩さないとされている年齢はいくつなのか?それは、腸の発達や免疫を考慮すると5歳ぐらいになります。5歳になると、風邪を引く頻度も少なくなり、食事に関してもあまり意識をしなくても済む年齢になります。この年齡までの子どもには、ミネラル分が多いとされている硬水を飲むと体調が崩れてしまう、といった実例があります。知っておいて欲しいのは、成長に合わせて適切な成分を選ぶ必要がある、ということです。大人と同じではなく、子どもが飲む基準に合わせて、ウォーターサーバーの水を選びましょう。また、同じ年齢でも、体調を崩す場合があるので、お子さんがいる家庭では、格安でお試しが出来るサーバーで飲んでみて、その後の体調を見てみることが大切です。 

ウォーターサーバーの水を赤ちゃんに使う時の注意点

先に述べたように、赤ちゃんには飲ませてはいけない事実があるのですが、実際に赤ちゃんが下痢や不快な症状を発生しない程度の、ミネラル分しか入れていない商品も販売されるようになってきました。天然水・RO水両方ありますが、注目して欲しいのは、軟水でも、超軟水と呼ばれる分類に区分される水になります。この水の場合は、ほんの微量しか入っていないので、赤ちゃんの腸内の機能を壊すといった可能性が著しく低くなります。ですが、大人にとっては物足りなく感じる人もいます。超軟水は、基本的に、純水に味が近いので、大人にとっては物足りないのです。ですが、サラッとした飲み心地が好きな人には、たまらない水になります。もし、赤ちゃんに合わせて商品を選ぶ際には、こうしたポイントを押さえて選ぶのが基本鉄則になります。また、美味しい紅茶を飲みたい人は軟水の方がエキスが出やすいので、そういった形で飲むのも良い工夫になります。

まとめ

ウォーターサーバーの水で子供が体調を崩すケースがあります。それは、水に含まれているミネラル分によるもので、腸の吸収の機能が未熟なために発生します。大切なのは、子供に合わせてウォーターサーバーのメーカーを選ぶことです。