ウォーターサーバーの手入れを放置したらどうなるのか?

7d61f6d8c606c7722cd8fb6294107145_s

ウォーターサーバーの手入れを放置したことによって、菌の繁殖が確認されています。

手入れをしないとどういった事になってしまうのか、知っておかないと身の危険が迫る大きな問題になります。どれだけ危険なのか知っておくのも大切なことです。今回はそんな、ウォーターサーバーの危険性に関して紹介します。

ウォーターサーバーの水は水道水よりも危険??

ウォーターサーバーの水は、水道水よりも実は手入れをしないと危険な要素がいっぱいになります。ウォーターサーバーの水には塩素が入っておりません。この塩素が皆さんは苦手でカルキといった臭みの原因になる物質だという認識からウォーターサーバーの水を注文した人も多いのです。ですが、塩素が入っている理由は、水の中に雑菌が繁殖しないようにと言った措置のために入れています。その塩素が入っていないので、水の中で一旦菌が繁殖すると歯止めがつかないといった状態が発生します。つまり、菌が繁殖しても止めるものが何も無いといった問題が発生するのです。つまり、ウォーターサーバーの水はそうした菌が増えても、それを抑える力が無いので、知らないうちに菌だらけの水を飲んでいることになります。そのため、ウォーターサーバーの清掃は必要なのです。

ウォーターサーバーの水の種類でも菌の増える多さは違う

ウォーターサーバーの水に菌が増えやすいのは、タンクの交換の時期になるまでに、数日かかるからです。そのため、その期間の間に増殖してしまうのが大きな問題なのです。つまり、放置したことによって、ウォーターサーバーの雑菌が増えてしまうこと自体が問題なのです。この内、増える速度が水の種類によって違うということはあまり知られておりません。増えやすいのは、天然水なのです。RO水は雑菌の増える速度が少ないのが特徴で、データによっては少なくなるといった結果もあります。では天然水が増えやすいのはどうしてなのでしょうか?天然水は、基本的にフィルター一枚で水の汚れをとった水になります。そのため、有機物が含まれているため、菌が入ると繁殖しやすくなってしまうのです。つまり、みんなが健康で美味しいという水は、ミネラルや栄養分が多く含まれているから雑菌も繁殖しやすくなってしまうといった特徴があるのです。対して、RO水は基本的に、ROフィルターを通しているため、こうした、雑菌が繁殖の原因になるミネラル分が除去できるので、菌が増えにくい、減少するといった結果が出るようになります。

ウォーターサーバーで雑菌が繁殖しにくい物を選ぶポイント

先程紹介しましたRO水という種類の水を選ぶということが、選択肢の一つになります。次にメンテナンスの頻度が大切なポイントになります。メンテナンスが無いということは、フィルターを放置しているので、その分菌の繁殖の可能性が高くなります。ウォーターサーバーのフィルターのメンテナンスがあることに億劫になる人がいますが、メンテナンスがあることで、清潔な水を保つことができます。品質を維持したいなら、ウォーターサーバーの雑菌が繁殖しにくい物を最初から選ぶのが大きなポイントです。また、小さめのボトルにするのも一つの方法です。雑菌が増える前にサーバーの水を交換することが出来るため、菌が増えにくくなるといった特徴があります。いずれにせよ、菌の増殖を防ぐために、手入れは必須であることを忘れないようにすることが大切です。

まとめ

ウォーターサーバーは多くの雑菌の繁殖のリスクが水道水よりもあります。ですが、水の種類やサーバーのメーカーによって減らすことは可能なのです。