ウォーターサーバーを購入する前に知っておきたい海洋深層水のポイント

2499b08df1151131503024f0afc36b17_s

ウォーターサーバーの水にはいろんな種類があります。その中で最近話題なのが海洋深層水です。海洋深層水とはどんな水で、通常の水と何が違うのか?知っているようで知らない人も多いのでは無いでしょうか?今回はそんな海洋深層水に関して丁寧に解説していきます。

海洋深層水ってどの部分の水?

深層水と言っても、どれぐらいが深層というのか?それは、海表面から200m以上の地点を指します。深層というのは、海の中でも魚が住んでいる地域で太陽光が入る地点を表層と言いますが、この表層から先に進み、太陽の光自体も入らない地点こそが、海洋深層水がある場所になります。海洋深層水は地球の95%をしめており、地球全体をめぐり、数千年単位で動く水になります。地球の気候にも大きな影響を及ぼすものとして地球学は研究の対象となっており、現在でも不明な部分が多いのが特徴です。そのため、海洋深層水の海流に影響がない地点での取水が義務付けられており、一概に、どの地点の深海の水を取水してはいないことになっています。海洋深層水は、学問上でも重要な水であると同時に、取水の意味でも難しいため普通の水よりも高価になっています。

海洋深層水の特徴

海洋深層水が非常に健康に効果がある理由は、その海洋深層水の特徴が大きな関係性を持っています。海洋深層水は、水の中でも雑菌が無いのが特徴です。深海では、タンパク質を持っている生物自体が住みにくい環境であり、酸素が少ないため、ウイルスや雑菌が繁殖しがたい環境であり、いたとしても死滅してしまうような環境であるからです。また、次に海洋深層水の特徴として、ミネラルが豊富であるということです。特にマグネシウムリン酸塩といった無機塩が豊富に含まれており、現代人が摂取をしにくい、もしくは、摂取が推奨されている成分が溶け込んでおり、水を飲むだけでも簡単に摂取できるためその高い健康効果があるとされています。また、海洋深層水は、地表の災害によって水質が変化することはありません。大災害に見舞われると、水の水質が悪くなった、その地点の水が飲めなくなったといった影響があります。しかし、海洋深層水ははるか200m以上の深海の為影響がありません。水質の変化が無く安全で、細菌やウイルスも少なく、ミネラルが多いのが海洋深層水の特徴になります。

海洋深層水をウォーターサーバーで購入するメリット

海洋深層水をウォーターサーバーで購入するメリットは、その価格の安さです。海洋深層水は他のウォーターサーバーやミネラルウォーターのペットボトル入りに比べて、非常に値段が高いのが特徴です。水の採水の時は、深海に深い管を入れて、ポンプで汲み上げるような形で採水します。そのため、非常にコストが高いのが特徴です。また、どんなに健康効果が高かったとしても、毎日飲まなければ意味がないのが特徴です。よく考えてみてください。500mlの水は人間が一日に飲んでしまう量です。2Lのペットボトルの量でも2~3日ぐらいしか持ちません。健康維持のためには最低でも、2週間以上は飲んでみないと、体にその水があっているかどうか判断がつかないのが現状になります。そのことを考えると、10L以上の分量を買ったほうが明らかにお得です。取水が難しいとされている、海洋深層水の場合はその傾向が顕著になります。

まとめ

海洋深層水は海底200mの地点から組み上げた深海の水になります。この水の大きな特徴はウイルスや細菌が少ないこと、そして豊富なマグネシウムとリン酸塩といった無機塩です。水を汲み上げるコストが高めなのが欠点で、価格が他の水に比べてかさむ傾向があるので、まとめ買いであるウォーターサーバーでの購入がおすすめしたい理由です。