ウォーターサーバーで買う前に知りたいミネラルウォーターの分類

959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s

ウォーターサーバーで購入できる水の種類は詳しい物の、実は天然水にも区分があることはあまり知られておりません。ミネラルウォーターと言っても、日本では採水や消毒の方法によってより多くの区分に分けられています。今回はそんな、ウォーターサーバーで水を購入する前に知りたい、水の分類を紹介します。

ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターというと、水を採水した天然水の定義と思われがちですが、実際は大きく異なります。天然水は、自然界に存在している河川や地下水を含む飲水の定義になります。この内のナチュラルウォーターとは、自然界に存在している地下水のことを指します。地下水を特別な定義にしているのは、地下水はろ過された水であり、雑菌の増殖といった物が少ないため、特別区分にされています。また、ナチュラルウォーターには、ナチュラルミネラルウォーターという区分もあります。この2つの違いは、ナチュラルウォーターにはミネラルの含まれている量が少ない天然水という意味があります。ナチュラルミネラルウォーターは、その中でもミネラルの含有量が多いため、健康に良いとされている水になります。ここで重要なことは、ナチュラルウォーターもナチュラルミネラルウォーターも消毒の方法が自然ろ過、加熱殺菌のみという方法に限られているのです。そのため、価格が高くなるものの、水自体が綺麗でなければならないので、美味しい水を所望する人はこの区分の水がおすすめです。

ミネラルウォーターとは?

ではミネラルウォーターとは何か?ミネラルウォーターの場合は、一定の水量に対してミネラルが多く入っているのが特徴になります。加えて、ミネラルウォーターの場合は、先ほど紹介したナチュラルミネラルウォーターと大きな違いがあります。ナチュラルミネラルウォーターの場合は、消毒はあくまでろ過や加熱滅菌が中心になります。ですが、ミネラルウォーターの場合は、消毒の方法がオゾン滅菌やフィルターといった人工的な物を使用した消毒が可能になっています。加えて、ミネラルウォーターの場合は、入っているミネラルの分量を調整することも可能になっているのです。ミネラルウォーターの場合は、この消毒の区分が広くなるため、より多くの水を得ることが出来るので、ナチュラルミネラルウォーターよりも価格が安くなるのが大きな特徴です。

ボトルドウォーターとは?

ボトルドウォーターとは、ウォーターサーバーでサーバーにセットできる、つまり食品として安全であるとされている飲水の定義になります。この場合は、人間が食事に飲んでも安全性が認められたもののみに適応される定義になります。この特徴は、ペットボトルの水も対応になります。水に中に入っている雑菌の数や味と言った物を評価して、商品として販売できる水を定義しています。そのため、水の採水地が河川の水であったとしても、商品として販売できるようになります。価格も、水の中では安価に分類され、市販されている商品のなかでも安い部類です。河川の川の水や、雪解け水といった水はこのボトルドウォーターに分類されるようになります。採水する地域や場所によって、水の種類は大きく異なります。

まとめ

水の種類は実に多く、ミネラルウォーターはその中でもミネラルが一定数入っている水の区分になります。本当の地下水を求めるのなら、ナチュラルウォーターを求めるべきでありその中で、地下水でかつミネラル分が多いのがナチュラルミネラルウォーターになります。加熱滅菌やろ過システムの違いによってナチュラルウォーターとミネラルウォーターは分けられます。また、天然水全般はボトルドウォーターと呼ばれる区分になります。