ウォーターサーバーの水漏れ

ウォーターサーバーを購入をするとトラブルで多いのが、実は水漏れです。水漏れを起こすと、自分の飲水の量が減少するだけでは無くて、トラブル発生の大きな問題になります。そのトラブルは自宅だけでなくて、近隣の住民に迷惑をかける事態になります。このような問題がない形で、ウォーターサーバーを快適に使用する方法を紹介します。

ウォーターサーバーの水漏れの原因

ウォーターサーバーの水漏れの原因には何があるのか?それはまず設置ミスになります。メーカによっては自分自身で、ウォーターサーバーにボトルをセットすることがあるケースがあります。この時にジョイントとパッキンに隙間が開いていることによって、水が漏れだしてしまうケースがあります。12Lのタンクを使用する場合のミネラルウォーターの場合は、重さの為設置が上手く出来なかったということでトラブルにあうケースがあります。次に、ボトル自体が不良品のケースがあります。ミネラルウォーターの運搬時の破損といったケースもあり、初期不良のケースです。最後は、サーバーの故障、老朽化といった事によって発生するケースになります。この場合はメンテナンス不備も考えられます。つまり。ウォーターサーバーの水漏れと言っても、発生する原因が大きく異なるのです。

ウォーターサーバーを買う前に確認しておきたいこと

ウォーターサーバーの水を購入する場合は、基本的にカスタマーサービスの体系がいいところを選ぶのが基本です。その中で重要なのは、直営店のメーカーに注文をすることです。直営店のメーカーの長所は、自社の商品なので、その商品のトラブルイコールクレームとして捉えております。つまりトラブルが長期化すると会社にとってはマイナスなのです。商品を開発したのもその会社なので、トラブル対応や修繕といった物に関しては大変親切な対応をしてくれることが多いのが特徴になります。代理店の場合は、自社が機械を作っているわけではないので、機械の故障によるトラブルが弱いのも大きな特徴になります。

また、12Lのボトルの設置に関してですが、失敗を最小限にする機種を選ぶといった選択もあります。ボトルの設置場所が高いと持ち上げるときに負担になり、設置がおざなりになる傾向があります。きちんと設置をしたいのであれば低い位置に設置するタイプのモデルの商品を選ぶことも大切になります。また、タンクの場合大切なことは、設置自体を業者がやってくる場合もありますので、設置に自信が無い方はそちらのメーカーを選ぶといった方法でもトラブルを避けることが出来ます。サーバーやタンクによるの初期不良の対処に関しても確認することが大切になります。

ウォーターサーバーを買う前に家の保険を確認

ウォーターサーバーでトラブルが起こった時頼りになるのが家にかけた保険になります。特に、アパートに住んでいる場合は、下の階に水が漏れてしまったことによる、弁償や損害請求をされる場合があります。この時頼りになるのが保険です。ウォーターサーバーに入る際に確認して欲しいのが、この保険の保障の定義になります。水漏れと言っても軽度の物の場合や、一定の基準を満たさないと保障がされない場合もあります。ですから、保障の範疇を確認することは大切なことなのです。

まとめ

ウォーターサーバーのトラブルで多いのが水漏れです。水漏れを避ける、確率を減らす方法は多くあります。タンクの設置が不備による原因を減らすには、タンクの設置位置や設置自体をやってくれる業者に頼むこと、直営店のウォーターサーバーのメーカーを選ぶといった方法があります。また、水漏れのトラブルには、弁償がつきものなので、家の保障やサーバーの保障等を確認することが大切です。